地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年04月12日

北野~北野役場前


北野駅からバス通りへ出てくると、交差点にコスモス街道の看板があります。
福岡県内では、北野のコスモスは広く認知されているので、
街興しの材料としては成功したと思います。



北野駅の最寄ですし、「北野」を名乗っていますので、町の中心部のはずなんですが、
これといって特徴的なもののない北野バス停です。



社会福祉協議会の建物も、シルバー人材センターのみ機能しているようで、寂れています。




バスが来るまで時間があるので、隣の北野役場前まで移動。
両筑苑行のバスしかやってきません。



ハコもの行政の典型のような、場違いな建築が行われています。
何も象徴的な建物がなければ、寂れていると称しながら、
発展しようとすると難癖をつける厄介な性格です。



両筑苑行のバスは、22分遅れてやってきました。
折り返しの待機時間は19分なので、両筑苑での滞在時間を心配しつつバスに乗ります。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。