地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年04月25日

南関上町


瀬高駅から博多に帰るのはもったいなくなって、戻ってきた南関上町です。
隣には、南関ターミナルという、そこそこ立派な待合所があります。
ターミナルと反対の、瀬高大牟田側にバスの駐車場があるため、
玉名や植木など南からやって来るバスは、南関上町を終点としていますが、
生活道路の途中にあり、特に変わったものはないですね。



瀬高から来たバスは、三加和温泉を経由して山鹿に向かいます。
南関から山鹿に向かうバスは2路線あり、もうひとつは平山温泉経由で、
三加和温泉の路線よりひとつ北側の山道を通ります。

平山経由は、南関ターミナル始発で、瀬高駅発のバスとわずか2分の待ち時間で接続しています。
瀬高からのバスが7分くらい遅れたので、接続どうなるのかな~と思っていると、
南関上町の手前で瀬高発のバスが駐車場の横を通るので、
南関始発の接続バスは、瀬高発のバスが通過したのを確認してから、
駐車場を出てくるようです。なるほど機能的です。



ということで、南関上町を通過していき、ターミナル始発の平山経由で山鹿へ行きます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
岳の湯2017
戸井の口
中原南小国
湯田南小国
千反
八代駅前
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 岳の湯2017 (2018-10-12 17:17)
 戸井の口 (2018-10-11 17:17)
 中原南小国 (2018-10-04 17:17)
 湯田南小国 (2018-10-03 17:17)
 千反 (2018-10-02 17:17)
 八代駅前 (2018-10-01 17:17)

Posted by ちょんびん at 19:19│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。