地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年05月04日

南関


九州産交の記事は終わりましたが、まだ熊本から抜けられてません。南関です。
産交のほうは南関エリアにたくさんバス停があるからか、
上町やらターミナルやら付いてますが、西鉄のほうは直球勝負「南関」です。



勝立経由の大牟田行き車両が放置されています。
発車まで時間があるせいか、運転手さんはどこかに行って不在です。
この路線は、途中「庄山」で乗り継ぎ扱いがあります。



バス路線図や時刻表には、乗り継ぎ扱いがある旨はあまり詳しく書かれていません。
ニ路線に分けている経緯を詳しく知らないので、6月以降に乗ってから報告します。



「南関」バス停は九州産交には設定されていないので、
九州産交のバスはすぐ脇の道を停まらずに走り抜けていきます。
けれども、南関の次のうから館で接続しています。

今回は、産交の一日乗車券を持っていて、瀬高へ抜けましたので乗車は無しです。


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
荒尾駅前のバス
荒尾駅前
西原
大牟田駅西口
帝京大学福岡キャンパス
石炭産業科学館
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 荒尾駅前のバス (2016-05-23 23:23)
 荒尾駅前 (2016-05-23 19:19)
 西原 (2016-05-21 17:17)
 大牟田駅西口 (2016-05-20 17:17)
 帝京大学福岡キャンパス (2016-05-19 21:08)
 石炭産業科学館 (2016-05-18 17:17)

Posted by ちょんびん at 20:02│Comments(2)大牟田
この記事へのコメント
はじめまして!
“南関”に反応してしまったちこさくです。
どの写真も見慣れた風景で嬉しくなっちゃいました!

↓の大型バスの方向変換の様子見たことなかったです。
バックと切り返しを行っていたなんて・・・
知りませんでした。
Posted by ちこさくちこさく at 2009年05月04日 21:00
はじめまして。
わたくし、大学の卒業論文は「鍋島様式の成立について」書きましたので、
ちこさくさんのところの辰砂の色合いにも興味あります。
6月にまた南関に行く予定なので、窯のほうにも寄せてもらいますね。

地元の方も知らない方向転換。知らなくても何の問題も生じません。
ただ、そんな小さな驚きを求めて、バスばかり乗ってる阿呆です。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年05月06日 22:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。