地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年05月21日

池田


畑堰堤から乗った「72」で、池田で降車ボタンを押すと、
交差点手前で「ここでいいですか?」と運転手さんに聞かれました。
いいですか?って「嫌」と言ったらほかのところで降ろしてもらえるんでしょうか?
と疑問はさておき、特に反論するでもなく、そこで降りました。バス停はありません。



私を降ろしたバスは、右折して石坂方面へ隘路を走り去っていきます。
「停車位置は南北軸にあるけれども、道幅が狭くて停車するのが大変だから、
運転手さんの裁量で、交差点手前の歩道で降ろすのか?と推測してみましたが、
石坂方面への道にもバス停はありません。



交差点の南側に、「70」の池田バス停はありますので、そちらに歩いてみると、



畑方面へのバス案内も、このバス停が担っていました。
「70」の上下線と「72」の上下線、4方向のバス停を1本で賄っています。
石坂から畑観音へのバスはこのバス停前を通りませんので、
ここから畑へ登ろうとする人が万が一いた場合、案内にたどり着くのは至難の業ですw

「畑観音行きは、こちらでお待ちください」
「畑観音から来る黒崎行きは、こちらでお待ちください」と、それぞれ地図で指示してあります。
さきほど私が降ろされた、松山酒店前の歩道が、正規の停車位置のようです。
バス停の位置は不親切ですが、掲載の案内は週1本のバスのために親切に書かれています。



黒崎行きが来るのは50分後、香月営業所行きが来るのは2時間半後なので、
馬場山まで歩くことにします。何度となく通っている馬場山ですが、訪問は初めてです。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。