地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年06月16日

最後の市民会館前~沖学園前「63」

6/20・21のダイヤ改正に伴う、廃止路線レポートが続くので、
記事の題名が「最後の」が増えてきました。
あとから検索するときに楽かなぁと思って統一しています。
「路線廃止」などで新しいカテゴリーを作ると、
カテゴリーが増えすぎて収集がつかなくなりそうなのですが、
題名が「最後の」ばかりなのも芸がないですね。要検討。



1本の路線で2区間の免許維持路線を通過しており、
ほぼ均一運賃区間を通るので、週一本のわりにメジャーだった「63」博多ふ頭→扇町。
「市民会館前」は市民会館を挟んで南北両方にあり、北を通るのは早朝一本だけでした。



こちらのバス停は、「福岡競艇前」とでも名乗ればよかったのにと思います。
道路の反対側にも、定期路線がないのにバス停が立っています。
競艇開催時の臨時バス専用です。こちらはそのまま残るのでしょうか。

今年は福岡で笹川賞が行われ、地元の瓜生選手が優勝したのも最近のようですが、
もうすぐグラチャンです。時間が経つのがはやいです。



朝5時40分博多ふ頭発です。周囲はまだ朝の朧な光が差しています。
廃止が6月である意味よかったです。冬だったら確実に真っ暗ですから。



沖学園前で降りて、最後のバスを見送ります。
途中、天神北~渡辺通一丁目と住吉四丁目~美野島南公園前では、
一般の利用者もありました。その区間は廃止されるわけではないですが。
ほかの皆さんは扇町まで乗って、午後はトリアス~上脇田へ移動されたことと思います。
私は久山はもういいかなという気分になってしまいました。
何かものすごい事件が起こっていたらきっと悔しいでしょうね。

それにしても、廃止路線に乗った皆さん、どうやって博多ふ頭まで来たんでしょう?
自転車のひともおられるでしょうけどね。普通にタクシーに乗ったんですかね?
そしたら、朝の5時過ぎに博多ふ頭まで客を乗せたというタクシーが10台くらいいるはずですから、
謎の集会が博多ふ頭にて行われた、なんて噂になってたら面白いのに。

私は4時に起きて自宅から1時間半くらい歩くことも検討しました。
結局、同行者ができたので車を使い、対馬小路近くの100円パーキングに停め、
バスを降りてから扇町~小林町~博多駅南三丁目を偲びながら、博多駅まで歩き、
「99」で博多ふ頭入口までバスで戻ってきて、車を置きに家に帰りました。

そのあとまた原から「2」で中州にでて、宗像方面に行ってます。
ホリデーアクトパスがあるから乗らないと損みたいな気になってますが、
覿面に月曜日に後遺症が来ました。仕事中眠いこと眠いことw


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
井尻交差点を上から横から中から
福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設
井尻六ツ角
井尻六ツ角
何度となく折立
アサヒビール前沖学園
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 井尻交差点を上から横から中から (2017-04-18 19:40)
 福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設 (2017-04-17 23:22)
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)
 井尻六ツ角 (2017-03-08 16:16)
 何度となく折立 (2017-03-02 19:04)
 アサヒビール前沖学園 (2017-03-01 19:19)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)福岡緑
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。