地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年06月27日

最後の「2」青柳


西鉄香椎です。最後の「2」古賀駅に乗りに来ましたが、
青柳四角の表示もまだ残ってました。



「22」の時代から、私の遠距離バス旅の原点だった路線です。



西鉄香椎駅は高架になり、脇がバス発着所になっています。
高架下にバスが待機する姿はちょっと味があります。



周囲はまだ再開発の途中です。
他地域のの再開発の場合、区画整理をされることによる価値上昇によって、
土地の面積減少分を相殺するという計算がなされていました。
姪浜の場合、駅の北側もそうやってきれいな街になりましたが、
人口流動の重心は南に移ってしまい、北口はバス停も閑散としています。
香椎の場合は再開発されても終端部にJR駅という位置関係ですので、
ものすごく寂れる地域というのはなさそうですけど。
反対する方の不安な気持ちはよくわかります。



「2」はもともと下原経由だったので、香椎駅前から狭い道を進んでいました。



現在は、西鉄香椎始発のバスはすべて国道3号線まで直進します。
交差点に信号はありませんが、「2」は隣の香椎交差点の信号によって右折していました。
いまは右折する路線はありません。



3月31日、古賀からの最終バスが到着です。乗客は10名ほど。
みな西鉄ファンばかりで「一般の」乗客はおられないようです。

平日だったので、5時の終業とともに急いで家に帰り、香椎まで車で走りました。
あとから考えると、天神まで車で行って赤間急行をつかまえれば、
花鶴ヶ丘から西鉄香椎行きにも乗れた時間だったようです。



最後の「2」古賀駅が高架下でしばらく待機します。



そして、7、8名の乗客とともに出発です。
こちらが本当の意味で「2」の最終だと思うんですが、
香椎行きより人数が減りました。不思議。



無事、古賀駅に到着。思い出をありがとう、という気持ちです。


同じカテゴリー(福岡黄)の記事画像
八田南
八田北、八田踏切の傍
みどりが丘団地入口 名子
福工大前駅入口から高校ラグビー
かしいかえん南口路線新設
リサイクルプラザ前
同じカテゴリー(福岡黄)の記事
 八田南 (2017-07-09 16:16)
 八田北、八田踏切の傍 (2017-07-07 16:16)
 みどりが丘団地入口 名子 (2017-06-21 06:06)
 福工大前駅入口から高校ラグビー (2017-06-19 06:06)
 かしいかえん南口路線新設 (2017-04-12 22:14)
 リサイクルプラザ前 (2017-04-11 16:16)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(2)福岡黄
この記事へのコメント
こんばんわ。吟味してこの記事にコメントを。
今日は本当に偶然でしたね。まさかいるとは思いませんでした。会えて本当に良かったです。
「最後の降車客」で記憶がよみがえり、イメージ出来るなんてすごいですね。そう、2番の最後の降車客です。アレがいろんな所をうろついてネタ探ししています。
これからもお付き合いよろしくお願いしますね。
Posted by TGW at 2009年06月28日 21:11
いやはや、こういう縁ってあるのですね。驚きです。
行程表の中に書かせていただきました。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
Posted by ちょんびん at 2009年06月28日 23:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。