地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年07月11日

道善


那珂川営業所のひとつ南、道善バス停です。交差点の名前も「道善バス停」です。

「道善」交差点は那珂川営業所の北側にあるサニーのところ、
やよい坂から今立を経由してくる「61」「66」の通りと、
博多南駅、天神山から大土居への県道56号線と、
「62」「47」の通る国道385号線の交差点です。

道善バス停は那珂川営業所から郊外方向への途上ですが、
「61」「66」は今でも現人橋経由が多数走っているので、
都心向けのバスにも同じ場所から乗ることができます。
先日soramameさんが、、「いろんなところに行ける感(IIK)」を表現されていましたが、
大山・那珂川ハイツと天神・福浜が、同じバス停から発車して同じ方向に進むのは、
それだけで意味もなくわくわくしてしまうのです。
佐賀橋が消えたのは残念です。現在は上梶原もここから直通では行けません。

用事がなくどこに行くか決めずにバスに乗るときは、
天神四丁目や呉服町でインスピレーションを感じられるバスを待つのですが、
道善で同じことをすると、郊外向けの本数は少ないので、
ここでは目的地を決めて乗ったほうが無難でしょうか。



手前が道善バス停ですが、コンビに駐車場を挟んで、奥は道善二丁目という別バス停です。



なので、「620」「8」は両方のバス停に停車して、東へ走り去っていきます。



南畑のほうからバスでやってくると、この道善バス停が運賃境界で、
那珂川営業所まで乗ると損をした気分になるため、何度も降りたことがあります。
何となく縁を感じるバス停です。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
福岡徳洲会病院
桜ヶ丘公民館前
福岡市最東端の西鉄バス停:今里
立花寺(りゅうげじ)
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 福岡徳洲会病院 (2017-11-16 22:07)
 桜ヶ丘公民館前 (2017-11-16 06:06)
 福岡市最東端の西鉄バス停:今里 (2017-10-18 22:55)
 立花寺(りゅうげじ) (2017-07-21 20:06)
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)

Posted by ちょんびん at 09:02│Comments(3)福岡緑
この記事へのコメント
天神四丁目のファミマはお世話になってます。ここにきた3番目のバスに乗る、とか決めて、しょぼい行き先(終点が近いとか)だとガックリ致します。がいろんなバスがくるのと椅子に座れる確率が高いのはいいですね。あとは那珂川営業所のバス停はあんなに必要なんだろうか‥。おなじとこに3つあったりしますよね、確か。
Posted by ねぇね♪ at 2009年07月11日 11:30
自己レスすみません。那珂川営業所の写真見返したら2つのようです。近いうち現地へいきます。すみません。
Posted by ねぇね♪ at 2009年07月11日 11:33
天神四丁目、何番目のバスにと決めたことはないですね。
基本的に都市高速経由か70番台しか選ばないですから。
「2」の博多駅行きとか、原で待ってるときはなかなか来ないのに、
天神四丁目ではよく出会いますw

那珂川営業所の写真は私も見返しましたが、
2本しか写ってないですね。
今度大山と市の瀬に行く時に確認してみます。
Posted by ちょんびん at 2009年07月12日 20:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。