地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年07月11日

雑餉隈(ざっしょのくま)営業所


雑餉隈営業所です。非常にインパクトのある字面です。
小学校低学年の頃、母と一緒に天神だか博多だか都心に出て、
雑餉隈営業所行きのバスを見た母が、なんて読むんやろうと騒いでいた記憶があります。

JRの南福岡駅も、昔は国鉄の雑餉隈駅だったことがあります。
車庫があって北九州方面から「雑餉隈行き」が走っていたために、
どこに行くのかわからないから、という理由で南福岡に改称されてしまいました。
ただの対面ホームだけの途中駅だったらいまも雑餉隈駅かもしれません。



その点、バスのほうが地元の人たちしか利用しないからか、
改称するなどという話は聞かず今も雑餉隈営業所です。
西鉄電車が天神に向かって走っているので、
バス路線は博多駅との連携をするものが主です。
「50」が大橋から高宮へ走っていた時代が懐かしいです。



営業所南側に、道を挟んで社員用の駐車場があります、って、
だいたい撮影のときにどういうキャプションをつけるかイメージしているんですが、
なんでこの写真撮ったのか忘れました。



南福岡駅方向バス停です。
雑餉隈は筑紫通りと旧国道3号線の間に位置しているので、
営業所から東西どちらに出発したバスとも、
南福岡駅や山田・麦野を経由して都心向けになります。
「420」や「410」の都市高速経由天神行きができていますが、
所要時間を考えると「44」もそんなに変わらないですし、
出発してすぐ山田に行く前に踏切に捕まると、なんかテンション下がります。



そんな山田経由のバスは、「41」と「410」「420」です。



旧国道3号線までまっすぐに道が延びています。



雑餉隈営業所の風景といえば、西鉄電車もセットですよね。
逆に西鉄電車に乗っていても、この区間では必ずバス営業所を眺めています。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
井尻交差点を上から横から中から
福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設
井尻六ツ角
井尻六ツ角
何度となく折立
アサヒビール前沖学園
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 井尻交差点を上から横から中から (2017-04-18 19:40)
 福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設 (2017-04-17 23:22)
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)
 井尻六ツ角 (2017-03-08 16:16)
 何度となく折立 (2017-03-02 19:04)
 アサヒビール前沖学園 (2017-03-01 19:19)

Posted by ちょんびん at 18:02│Comments(4)福岡緑
この記事へのコメント
西鉄電車の白木原駅から大野城体育館の近くまでバスで行きたいのですけど.わかりません。よろしくお願いします。9
Posted by 渋谷  幸子 at 2010年07月11日 10:53
白木原の駅から、まどか号という小さなバスに乗ってください。
大野城総合公園が最寄りだと思います。毎時2本走ってます。
JRの大野城駅が00・30始発だと思いますので、
白木原駅発は、毎時02分と32分発くらいかと。100円です。
Posted by ちょんびん at 2010年07月11日 15:29
雑餉隈営業所、敷地を見ると西鉄雑餉隈線用の用地確保だったんだなあと改めて感じます。二日市駅規模の分岐駅になったんでしょうね。
雑餉隈線が出来てたらどうなっていたんだか・・・。
筑紫通りが開通せず、45番が狭隘路線で存続したりとか想像すると別の意味で萌えます。
Posted by じま at 2010年07月12日 20:39
雑餉隈線、あればそれなりに重要は見込めますけど、
いまさら用地買収をするのは現実的ではないですね。
雑餉隈営業所、線路を挟んでスペースがあり、
もとは鉄道用地だったことが推測できます。

JRと西鉄の交差してる所に駅を作るのは、
もしここが関東だったら現実的な話だと思うのですけれど、
現状の西鉄とJRの関係では無理な話なんでしょうねw
Posted by ちょんびん at 2010年07月13日 13:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。