地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年07月16日

松ヶ枝口


福岡市内の伝統路線で、隘路の代表格といってもいいんじゃないでしょうか、
中尾3区とがんセンターの間、松ヶ枝口です。バス停にはまだ「60」の名残があります。
この区間には離合スペースが設けられていて、
以前は対向バスを待つ光景が見られたそうです。

がんセンター方向のバス停向かって右側の坂を登ると、松ヶ枝公園というのがあります。
その辺が「松ヶ枝」で、その「入口」という位置づけの名称だと思います。
住所表示は中尾1・2丁目と野多目5丁目の境目なので、
中尾はすでに使われていますし、野多目を名乗るともっと東、
385号線からがんセンターあたりをイメージされそうということもあり、
バス停名も変更されることはなくそのままの公算が高いです。



バス停スペース確保と、停車時の後続車両の行き合いの都合でしょうか、
上下線のバスの位置は、けっこう離れています。



中央線はあるんですけれど、バスは片側車線で収まってません。



それでも、なんとか一般車両とは行き違うことが可能です。



大通りとしては、すぐ南に外環が開通し、
これだけ道路すれすれに林立している住宅を立ち退かせてまで、
道幅を広くする必要もなくなってしまいました。
周辺人口との兼ね合いからみて、外環にこのバス路線が移ることはなさそうです。
運転手さんは大変かもしれませんけど、この雰囲気を長く残してほしい区間です。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
福岡市最東端の西鉄バス停:今里
立花寺(りゅうげじ)
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
井尻交差点を上から横から中から
福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 福岡市最東端の西鉄バス停:今里 (2017-10-18 22:55)
 立花寺(りゅうげじ) (2017-07-21 20:06)
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)
 井尻交差点を上から横から中から (2017-04-18 19:40)
 福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設 (2017-04-17 23:22)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)福岡緑
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。