地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年07月24日

ありあけ新世校入口


JR鹿児島本線の吉野駅。
私が大牟田エリアにアクセスする場合、ヨメ実家の船小屋から乗ることが多く、
大牟田駅や荒尾駅に行くより安くなるので、よくここから始めます。



駅前は店があるでもなく、線路沿いに狭い道が延びていて、住宅があるだけです。
JRになってからの新設駅なので、駅ができてから街が形成されたのではなく、
わずかな隙間を縫って駅スペースを切り開いた感じです。



駅から南に坂道を登っていくと、ありあけ新世高校があります。
もとの三池農業高校の敷地で、大牟田商業と大牟田南との3校合併によってできました。



高校の前はとても細い生活道路で、さらに数分歩くとバス停に到着します。



ありあけ新世校入口です。



県道の合流点なので、交差点は変な形をしています。



吉野入口方向。



吉野方向。
「57」と「59」の吉野循環がやってくるので、
大牟田市街地に行く場合どちら方向にでも乗れます。
吉野入口方向へ乗るほうが若干近いです。



吉野方向にはバス停がなく、ひっそりと佇む椅子がバス停車位置の目安です。
でもこんな風景好きです。


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
祭りのあと
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関交差点と南関迎町
南関で「25」を惜しむ
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)

Posted by ちょんびん at 09:02│Comments(0)大牟田
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。