地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年07月30日

大雨の室見川と美室団地口


河原の遊歩道が水没して、堤防まで水が迫っている室見川。
こんなに増水した室見川は初めて見ました。
写真は7月26日の小田部大橋です。



橋本橋から室住団地を見ても、室見川から水が溢れそうです。



河畔の公園まで水をかぶっています。



橋のすぐ下まで水が来ている橋本橋ですが、バスが通常通り走っていきます。
川に橋があるからこそ、そこは「橋本」という地名になるわけですから、
じゃあ橋ができるまではそこは「橋本」という地名ではなかったはずで、
ということは、橋ができた当初に「橋本橋」という名前は付かないです。
なんて、細かいことを考えました。



橋の東脇にあるバス停は「美室団地口」です。
室住団地の南端にも近いので、個人商店や飲み屋が並ぶちょっとした繁華街になっています。



「503」に乗って天神に向かう途中、筑肥室見橋からも濁流が見えます。
自然の脅威ってのを感じるとともに、これだけの水を許容する室見川と堤防、
それを整備した行政の力を感じました。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
正月のバス
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 野方チョコ (2019-02-14 23:58)
 正月のバス (2019-01-31 17:17)
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)

Posted by ちょんびん at 22:45│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。