地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年08月25日

笹原


西鉄電車の井尻駅前です。
「45」は路線変更で、井尻駅の転回場で方向変換しなくなりましたが、
線路沿いのフェンスが一部へこんでいて、バス停があったことが伺えます。



ちょっと歩いて、JRの笹原駅方面へ。
笹原駅入口のバス停は、「駅前」を名乗ってもいい距離だと思いますが、
隣の「笹原」も駅からさほど遠くないせいか、「入口」です。
駅前の道路はとても狭いのに交通量は多く、よく渋滞しています。
そんな狭い道を喘ぎながら走るのが、「45」の持ち味ではあるのですけれど。



笹原駅は、わたしが中学生のときに、JRになる直前にできた駅です。
設置当時は無人駅で、開設日昭和62年3月9日付の「笹原→門松」の切符を持っています。
駅ができて周りにマンションが建ち並び、人口密集したのに道幅はそのままです。
外環がつながると、車の流れも変わりそうですが。



駅から踏切を渡って東に行くと、
交差点の先に新しい道路ができていて、



バスカットらしきものがあります。
「池の上」「下の山」経由で諸岡へ抜ける経路も、変更されるのでしょうか。



「笹原」バス停は、上下線の位置がかなり離れています。
下り井尻・雑餉隈方面は、笹原駅ちょっと東の細道です。



上り博多駅方面は、駅東の交差点から北に進んだところです。
こういうところでは反対側バス停の位置を説明するものがほしいとよく思います。



バス停脇には住宅地図があって、このへんの位置関係がよくわかります。
井尻駅バス停と笹原駅って、同じ井尻三丁目なんですね。
隣の「池の上」バス停が、ほんとに池のすぐそばなのも感じられます。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
井尻六ツ角
井尻六ツ角
何度となく折立
アサヒビール前沖学園
竹下竹下駅
五十川一丁目
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)
 井尻六ツ角 (2017-03-08 16:16)
 何度となく折立 (2017-03-02 19:04)
 アサヒビール前沖学園 (2017-03-01 19:19)
 竹下竹下駅 (2017-02-25 06:06)
 五十川一丁目 (2017-02-24 16:16)

Posted by ちょんびん at 08:28│Comments(0)福岡緑
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。