地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年09月03日

戸畑渡場


若戸大橋の下に、市営渡船の渡し場、戸畑側。



これが市営渡船。



対岸、若松側。



渡船場は小さな建物です。渡し賃も100円と格安。
わたしが学生の頃は20円でした。



その向側に、戸畑渡場のバスターミナル。
といっても、船とバスを乗り継ぐ客はほとんどいないでしょうし、
戸畑渡場までアクセスする路線もどんどん減少しています。



主に八幡方面のバスが、ふたつ手前の「八幡製鉄所総合センター」始発になっています。
戸畑営業所から渡場まで回送しても、末端部分の乗客が殆どいなかったということです。
とはいっても、小倉方面への路線はまだ健在です。



栄えていた頃の名残。栄枯盛衰があるからこそ、人生は楽しいのですw


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
中央二丁目起業祭
八幡製鉄所総合センター前
原形を留めたままの戸畑渡場
若松駅にて
まつり起業祭八幡2017のバス11月3日
木屋瀬宿
同じカテゴリー(北九州)の記事
 中央二丁目起業祭 (2018-02-25 06:06)
 八幡製鉄所総合センター前 (2018-02-24 06:06)
 原形を留めたままの戸畑渡場 (2018-02-23 06:06)
 若松駅にて (2018-02-22 12:42)
 まつり起業祭八幡2017のバス11月3日 (2017-11-14 16:16)
 木屋瀬宿 (2017-06-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 09:04│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。