地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年09月07日

渕の上


「渕の上」です。1日2~3往復しかバスの来ない、松尾~大山間のバス停です。
う~ん、「松尾」「大山」もさほどメジャーではない気も。
那珂川ローカル「9」でございます。



大山方向のバス停が、田んぼの脇に立っていて、



道路の反対側は川なので、田舎にありがちな片側バス停かと思いきや、



路線図と時刻表は西畑・大山方向しかないのです。
ここまでバスでやってきて、帰りに反対側のバス停を探しても、まず見つからないと思います。
私の中で「反対側バス停が離れていて見つけられない」ランキングの上位にいます。
ほかの上位は、新原、笹原北野役場前あたりです。



ちなみに那珂川方向のバス停は、坂をちょっと下って、



つきあたりを右に道なりに曲がって、那珂川に沿って進むと、



別所公民館の入口付近にあります。



那珂川では子どもたちがたくさん遊んでます。



「9」で大山に向かうのも、これが最後かもしれません。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
立花寺(りゅうげじ)
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
井尻交差点を上から横から中から
福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設
井尻六ツ角
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 立花寺(りゅうげじ) (2017-07-21 20:06)
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)
 井尻交差点を上から横から中から (2017-04-18 19:40)
 福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設 (2017-04-17 23:22)
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)

Posted by ちょんびん at 09:07│Comments(3)福岡緑
この記事へのコメント
 福岡近郊で確か最後の待合室+標識ぶら下げ式だったと記憶しています。
 撮りに行ったらどうも公民館の改築に巻き込まれてたらしくて・・・無念。

 「反対側バス停が離れていて見つけられない」というと弥永公民館前もなかなか微妙です。
Posted by じま at 2009年09月07日 14:42
こんにちは。

反対側のバス停が離れていて…というのは、Kassyにとっては「星ヶ丘第二」でしょうか。上りバス停前には下りバスが、下りバス停前には上りバスが通らないとあって、なかなか厄介です。正確には途中まで(または途中から)は逆方向のバスの姿を見られるのですが…。
もし仮に、この周辺の地理に明るくなく、友だちの家に遊びに行くべくこのバス停で下車したなら、帰りは確実に迷うことでしょう。もしかしたら、探しているうちにお隣のバス停を見つける方が早いかもしれません。
Posted by Kassy at 2009年09月07日 23:37
>じまさん
最後のぶら下げ式でしたか、記憶していませんね。残念です。
じまさんのブログを読んで、
ぶら下げバス停の魅力と希少性をを再認識しています。
日田バス路線を辿るとどこでも見られるので、
その有難みを今まで感じていませんでした。
それにこうやってブログを書き出すまで、
各バス停の形状にもあまり気を使っていなかったです。

弥永公民館、ピンとこないので今度確認しておきます。


>Kassyさん
星ヶ丘第二は、私の中ではちょっとイレギュラーです。
同じ経路上を通ってるのに離れてるってのがポイントなので。
星ヶ丘第二の対面を探すよりは、
確かに緑台公民館まで坂を下ったほうがてっとり早そうですねw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年09月08日 22:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。