地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年09月08日

曲渕ふたたび


昨年、曲渕を記事にした頃は、まだバス車両を写し込むことを重視してなかったので、
今回はバスのある風景を追いかけてみました。陽光台にて曲渕行き。



曲渕バス停、そして曲渕の新名所になってほしい曲渕うどん。



昭和バスはこの先、購買店前、飯場、野河内を経て三瀬峠を越えていました。



曲渕に到着したバス。



折返場にて、まず頭を突っ込んで、



バックして方向転換終了です。
現在のダイヤは、曲渕での待機時間は1分なので、
方向転換だけしたらすぐ出発します。



そして、本道へ合流して、早良営業所へ戻っていきます。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
脇山野営場雪2018
湯の野雪2018
椎原雪2018
曲渕雪2018
四箇地区
愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 脇山野営場雪2018 (2018-02-08 06:06)
 湯の野雪2018 (2018-02-07 06:06)
 椎原雪2018 (2018-02-06 06:06)
 曲渕雪2018 (2018-02-05 06:06)
 四箇地区 (2017-12-15 21:13)
 愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。 (2017-12-11 20:02)

Posted by ちょんびん at 09:08│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。