地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年09月13日

黄川


南小国から大観峰を経て内牧・阿蘇へ向かうバス路線には、
旧道経由とバイパス経由があります。

旧道経由が通るのは、杉林以外何もない鬱蒼とした林道なのですが、
最近南小国町内のこの道は「蕎麦ロード」として、
手打ち蕎麦の専門店が点在する観光地として成功しつつあります。



でもまぁ、蕎麦ロードというのも辺鄙なところだからこそ、
綺麗な水でおいしい蕎麦が食べられるというイメージが大事なわけで、
道路が整備されたりなんかする気配はまったくないです。
小国と阿蘇の相互通行だけが目的ならば、バイパス通ればいいんですし。



というわけで、バスは昔から変わらずの山道を、ひっそりと走ります。
永遠に続くんじゃないかと感じる山道、狭いです。
一昔前のほうが、バスは山岳路線でも大型で運用されていましたので、
今よりさらに狭隘の雰囲気を味わうことができてましたけど。



突然わずかに視界が開けて、斜面に張り付くよう数軒の家が建っている「黄川」。
熊本は阿蘇からの伏流水で湧水の豊かなところなので、
白川、緑川、黄川、色のついた川の地名がとても多いです。
すっかりメジャーになった観光地「黒川温泉」もそうですね。



バス停は、一軒の民家の玄関ポーチの中に立ってます。
訪問時はその家の玄関扉がすこし開いていたので、
時刻表を撮影しようと近づいただけで、不法侵入と覗きになってしまいそうな位置です。
この家の人しかバスを利用しないからそれでいいんでしょうか。

これまで3度ここをバスで通過しており、今回は撮影のため初めて車で来ましたが、
やっぱりバスで通ったほうが楽しめます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 09:16│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。