地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年09月15日

海老津


海老津。駅ではなくて、旧国道3号線上の発着所です。
盛者必衰の理とか、兵どもが夢の跡とかいうセンテンスが似合います。
昔は西新と門司港を結ぶ大幹線上であり、
岡垣町の中心として賑わったことを伺わせる広い敷地です。



現在は、松ヶ台を循環する「7」と、海老津~遠賀川の「20」が経由します。



海老津駅始発のバスが待機するときにも使われています。
海老津駅のロータリー端にも待機場はありますが、
待ち時間が長いときにここまで回送してくるようです。



旧国道は、歩道など整備されてこざっぱりしていますが、
片側1車線は変わらず、それほど交通量も多くありません。



行先案内の看板も、大きな空白が。以前は何があったのでしょう。
しかも書いてある部分も、まだ折尾までの路線図が残っています。



以前は定期券などの販売窓口もあったのでしょう。
その上には運賃表示がありますが、ここにも折尾が残っています。
それから、元松原糠塚循環もあります。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
北町口 わずかに見える海
神湊波止場 世界遺産登録勧告
波津橋 海岸線に架かる目立たない橋
同じカテゴリー(宗像)の記事
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)
 北町口 わずかに見える海 (2017-05-15 16:16)
 神湊波止場 世界遺産登録勧告 (2017-05-14 16:16)
 波津橋 海岸線に架かる目立たない橋 (2017-05-13 16:16)

Posted by ちょんびん at 09:15│Comments(2)宗像
この記事へのコメント
20年前子供の耳鼻科で遠賀町から行ってました。当時町内には無かったので、
折尾や黒崎だと寄り道誘惑多いので。
売店ありましたね。バスJR気分で乗る。耳鼻科も更地になってます(>_<)
Posted by ちびねこ☆ at 2013年10月27日 14:54
ここは便利になった鉄道に、
バスが完全に淘汰された例でしょうかね。
Posted by ちょんびん at 2013年11月01日 00:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。