地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年09月24日

海老津駅


赤間営業所を発車する「20」の海老津駅行き。
岡垣町内の路線バスが、赤間営業所から出庫する早朝と、
昼休みに入庫してから午後に戻る時だけ走っています。
客を乗せる気があるのか微妙なダイヤです。



赤間営業所始発で波津まで直通の「6」もありますが、
昼間の「20」は海老津駅で一度路線が切れます。
でもいちど待機場に移動するでもなく、そのまま幕を回転させて出発します。



駅前ロータリーの先に、逆光ですがバスが停まっています。
ここが待機場その1です。基本的に少しの待ち時間であればここに停まります。
長時間の場合は海老津発着所まで回送するようです。



海老津駅。



駅は山ふもとの高台に位置しているので、旧国道までの道はかなりの坂道です。
そこからサンリーアイの方へ、バス路線はまた急坂を上ります。



隣には岡垣町コミュニティバスのバス停。
以前は西鉄担当だった、糠塚・舞松原循環路線と、
JR鹿児島線沿いの住宅団地エリアの輸送を担っています。
運賃は100円なので、サンリーアイから海老津駅に向かう際に、
三里松原を通る逆周りでも時間があれば利用すると安くなります。



この日は、海老津から「20」で遠賀川駅に向かいました。
福岡北九州を結んでいた「20」は現在、
赤間~海老津、海老津~遠賀川の2つの峠越え部分だけ残っています。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
赤間営業所構内進入
東郷駅東口
大島ターミナルとグランシマール時刻表
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
同じカテゴリー(宗像)の記事
 赤間営業所構内進入 (2017-06-27 16:16)
 東郷駅東口 (2017-06-05 18:47)
 大島ターミナルとグランシマール時刻表 (2017-06-02 18:28)
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 18:15│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。