地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年10月22日

若楠療育園前


10月1日の改正で廃止になったバス停、鳥栖の「若楠療育園前」



もともとはちゃんと道路に設置されていたバス停は、9月26日の時点ですでに撤去され、
すぐに持ち去れるように、コンクリの錘式のものに差し替えられています。
バス停板は無地にバス停名を紙張りしただけで。



バス停名の若楠療育園は、名前のとおりすぐ前にあるのですが、



弥生が丘駅まで徒歩数分の距離でありながら、
住宅団地の周縁部で線路からも近いためか、あまり住宅はなく、
ここが最寄になる居住者はあまりいないようです。
そのへんもここから路線が消える一因かと。



東公園はすぐ近くにあります。後ろに茂みがありますが、
弥生が丘が開発されるまでは、この一帯は全部あんな感じの雑木林でした。



隣の弥生ヶ丘病院前。
以前にも書きましたが、駅名は「弥生が丘」なんですが、
西鉄のバス停標記は弥生ヶ丘と「ヶ」が散見されます。
ここのバス停もなくなりますが、「病院前」自体は西側にバス停が新設されて、
ルートの変わった新設「6」が停車しています。



北側一帯はまた新しい宅地として造成中。
まだ拡がっていく活気のある街なんですね。
新しい路線がどのように活用されるか、楽しみにしたいと思います。

同じように市内のバスに補助金を出して、
市外へ走る路線を廃止した古賀市の場合、
「2」の西鉄香椎がなくなった以外、既存の路線を存続させているだけですが、
「自治体が出資しているから利用しよう」などというものがモチベーションになるわけもなく、
その赤字体質はそのままである恐れが高いです。

鳥栖市は、「8」の小郡がなくなっちゃったのは残念ですけれども、
市内交通に関する諮問会議をおこなったうえで、
多少なりとも路線の改編をおこなって、利便性・効率性を向上させようとしてますので、
期待度は高いです。


同じカテゴリー(佐賀)の記事画像
目達原
田中
西鉄味坂駅前
佐賀駅バスセンター
佐賀第二合同庁舎
再片田江
同じカテゴリー(佐賀)の記事
 目達原 (2016-11-11 11:11)
 田中 (2015-10-10 17:17)
 西鉄味坂駅前 (2015-09-29 17:17)
 佐賀駅バスセンター (2015-09-24 07:07)
 佐賀第二合同庁舎 (2015-09-23 07:07)
 再片田江 (2015-09-22 07:07)

Posted by ちょんびん at 18:18│Comments(0)佐賀
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。