地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年10月23日

西鉄小郡


西鉄小郡。西鉄鳥栖まで行くのは「8」、JR鳥栖駅が終着なのは「22」という標記が残ったまま、
10/1で廃止になりました。



最後は「8」の西部工業団地、西鉄鳥栖、鳥栖駅系統がありました。



幕はそれぞれこんな感じでした。JR左側の空白にあったのは何でしょう。



隣接バス停は西鉄小郡駅入口だけなのですが、
両方に標記されているのは、ここが終着バス停でなかった頃の名残です。
太刀洗や北野からやってきたバスが、小郡駅入口から駅を複乗していたのです。



駅前正面の、アウトレットモール行きバス停は残ります。
この日は土曜日ですが、東明館学園へのスクールバスが走ってきました。
週休二日制はすっかり社会に浸透した感がありますが、
今でも東明館は土曜日授業をしているのでしょう。
うちのヨメはもと東明館の英語教諭なので、ちょっと親近感もあります。



小郡市のコミュニティバスも走ってきます。
これも西鉄鳥栖の所属で、日曜日は運行されないので、
国道3号線側の整備場で3色揃って待機している姿がよく見られます。



これが基山駅を通ってCXカーゴまで結んでいた、従業員輸送用のバスです。西鉄タクシー所属。
「6」がCXカーゴまで走るようになって、この運用にも何らかの変化があったのでしょうか。
でも小郡駅には路線バスが来なくなってしまいましたので、
変更になったのは鳥栖発着のものだけかもしれません。
このへん、どこを調べればわかるのかもよくわかりませんので、ご存知の方ご指導ください。



さらに小郡駅前には、「2」の弥生が丘系統も、、、来ていたわけではなく、
幕回しの途中でちょうどタイミングが合いました。
ホリデーアクトパスがあるうちは、アウトレット経由で鳥栖に行くのもさほど抵抗ないですが、
来年になってから、「8」が消えたことがあらためて惜しくなると思います。


同じカテゴリー(佐賀)の記事画像
目達原
田中
西鉄味坂駅前
佐賀駅バスセンター
佐賀第二合同庁舎
再片田江
同じカテゴリー(佐賀)の記事
 目達原 (2016-11-11 11:11)
 田中 (2015-10-10 17:17)
 西鉄味坂駅前 (2015-09-29 17:17)
 佐賀駅バスセンター (2015-09-24 07:07)
 佐賀第二合同庁舎 (2015-09-23 07:07)
 再片田江 (2015-09-22 07:07)

Posted by ちょんびん at 15:19│Comments(0)佐賀
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。