地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年11月12日

黒松


杷木から志波までは「40」と同じルートを辿り、
そこから山間に入って、旧甘木市の「黒川」まで走る、杷木ローカルの黒川線。
フリーバスなので、峠のてっぺんで降ろしてもらうと、
どっちにも森と道しかない風景が広がっています。



でも、黒川方向にくだっていくと、すぐに畑が見えてきまして、
人の暮らしが行われていることがわかります。そして過分な待合室のあるバス停が。



ここが、「黒松」バス停ですが、まわりに民家は一軒も見えません。



バスの走っていく黒川の方向はこんな感じ。
平地は全部耕作地で、山ふもとを沿うように道が蛇行していきます。



バス停脇に簡易の地図があって、集落はバス通りとは反対の、
向かって右の細道奥にあると描いてあります。



で、高い杉並木を抜けて、見事な段々畑が見えてくると、



集落発見。入口のところに「葱庵」。

わたしが高校生の時、学校をサボって初めて訪れたのが、ここ黒松。
杷木までどうやって来たのかは覚えていませんが、
黒川行きに初めて乗って、終着まで行っても折り返すだけだなぁ、と思って、
ここで降り、でも何をするでもなく、帰りのバスを待ってました。
今考えると、どうせフリーバスなんだから、バス路線に沿って、
どっちかに歩けばよかったのに。

あれから20年です。
同じようにバスが走り続けているうちに戻って来られて、幸せでした。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
鞍打
古賀だけど広川町
上町(かみまち)
NTT筑後営業所前
建設学校前
南湯納楚
同じカテゴリー(久留米)の記事
 鞍打 (2017-11-22 06:06)
 古賀だけど広川町 (2017-11-21 21:23)
 上町(かみまち) (2017-10-14 20:24)
 NTT筑後営業所前 (2017-06-11 06:06)
 建設学校前 (2017-06-06 06:06)
 南湯納楚 (2017-05-31 16:16)

Posted by ちょんびん at 19:19│Comments(2)久留米
この記事へのコメント
ブログで「葱庵」を開いていたら私の「葱庵(そうあん)」が写真入りで出ていましたのでビックリ!そして有難うございました。私は福岡市在住ですが週末に
「葱庵」に行き陶芸をメインに山里暮らしを楽しんでいます。よろしかったら私のブログ【山里の桃源郷「葱庵」】 http://so-an.at.webry.info/
をご覧下さい。
Posted by 葱庵です at 2009年11月16日 18:58
すいませんっっっ、勝手に載せまして。

わたしはこんなバスばかりのブログを書いておりますが、
大学の専攻は美術史で、卒論は鍋島で書きましたので、
陶磁器はは大好きです。週末の山里暮らし、羨ましいです。

これからもよろしくお願いします。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年11月17日 22:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。