地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年11月18日

原鶴温泉


原鶴温泉は川べり。
といってもこっちは遊水路で、ふだんはほとんど水が流れていません。



橋を渡って杷木に向かうバス。



甘木方面のバス停には立派な待合所。
福岡からの観光客は、降りればそのまま温泉に向かいますが、
帰りはバスを待つ必要がありますからね。妥当な設備位置だと思われます。



国道は向こう岸を走っているので、
あちらを走るのが「40」、こちらを走るのが「41」です。
やはり路線の格としては、下一桁が「0」の番号が上位である印象。



そして、街道沿いでないということは、
通過のついでに見ることがないということでもあります。
日田~甘木はよく走る道路なんですが、国道からでは温泉街が見えません。
あらためて眺めてみると、往時はもっと栄えていたんでしょうが、いまも立派な姿です。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
西鉄自動車学校入校
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 西鉄自動車学校入校 (2017-06-30 16:16)
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)

Posted by ちょんびん at 07:19│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。