地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年11月30日


黒松から平の間で峠を越えて、周囲は柿の木だらけの山道を歩きます。
日が暮れるとイノシシが出てくるそうですので、あまり歩くのはおすすめしません。
この日もこのあと黒川まで往復した時、帰りにこのあたりでイノシシ親子に出会いました。



「平」バス停周囲の集落。
名前と違って、まったく「平ら」ではありません。
これは平家の落人伝説と関係ある地名ですか?



急な斜面を削って、窮屈ながらバス通りができています。
バス停も購買店の前に、ひっそりと立っています。



バスがやってくるのが見えると、それだけで「ほっ」とします。
フリーバス区間なので、バス停の前を走るバスを撮って、
好きなところから乗ることができます。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 18:19│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。