地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年01月04日

脇田 粕屋警察署


わたしは小学校入学前は室見三丁目に住んでいて、
そのあと、原、生の松原、徳永と福岡市の西のほうにばかり住んでいますので、
東の茶色エリアのバスに疎く、必要以上に僻地のような誤解を多少持っており、
その分ロマンも感じていたりします。「36」の恵山閣とか、「31」の若杉登山口とかですね。

そんな、「私にとって」とても遠い福岡市のさらにちょっと先、(元)終着バス停のひとつ「脇田」です。



沿線は県道35号線という主要道で交通量も多く、
道路も広いんですが、いまひとつ一般バス路線としての充実はみられません。



けれども、郊外の現地~天神という往復需要だけを満たせばよいのであれば、
飯塚・田川特急が頻繁に走っていて、とても便利です、このエリア。

朝一番に原から国体道路経由のバスに乗り、天神で「74」に乗り換えると、
脇田で降りて、粕屋警察署から田川急行の一番バスが待てます。



こちらのバス停は、「粕屋警察署」。名称は同じにしてもいいのに。
乗継割引は効くんでしょうか?距離的には充分徒歩で乗り換えられる位置関係です。
ただこのへんは福岡市と糟屋郡粕屋町、篠栗町、久山町の境界が入り組んでいることもあり、
行政や地元民としては、それぞれに主張したいことが違うのかもしれませんね。
何も知らないのは、流離う旅人ばかりです。




同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
米一丸 主君一条殿の横恋慕
大和町 やまとちょうではなくやまとまち
坂本町から歩いて南下
月見町 時を止めて
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)
 米一丸 主君一条殿の横恋慕 (2017-05-11 06:06)
 大和町 やまとちょうではなくやまとまち (2017-05-10 06:06)
 坂本町から歩いて南下 (2017-05-09 06:06)
 月見町 時を止めて (2017-05-08 20:11)

Posted by ちょんびん at 06:21│Comments(2)福岡茶
この記事へのコメント
今年も宜しくお願いします。

> わたしは小学校入学前は室見三丁目に住んでいて、
私は小~中学校のときは、室見五丁目に住んでいました。三丁目というと、小学校の近くですね。

やはり室見に住んでいたので、西の青色エリアのバスに一番愛着があります。
でも、青といってもR202(バイパス)を通る3桁のバス等には疎いのですけど。

中学以降は、西→中央→早良→南 等と転々とし、県外(関東等)で就職後にまた、九州に戻ってきました。

ちょんびんさんの正月からのブログを読んでいると色々コメントしたいものもあるのですが、暫く時間がないので、またいつか。
Posted by SoH at 2010年01月06日 01:10
室見小学校への橋の脇に、日通の社宅がありまして、
その隣の借家に住んでました。いまは新しくなってるみたいです。
最寄バス停は、いま考えると弥生1丁目の方が近い気がしますが、
当時はいつも「室見橋」を利用してました。
路面電車代替の、オレンジ色丸のバスが好きでした。
その頃からバス路線図を見るのが好きで、「11」にも惹かれ、
祖母と一緒に乗りに行ったことを覚えています。

余裕ができましたら、またコメントお願いします。
楽しみにお待ちしています。
Posted by ちょんびん at 2010年01月06日 17:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。