地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年12月20日

博多南駅


博多南駅。博多から、那珂川町や春日市への輸送を担う、
新幹線の回送を活用した駅です。290円で乗れる新幹線として、
たまに目的もなく乗ります、というより乗ることが目的なんです。

博多南駅へは、春日原や那珂川ハイツ、弥永団地などから路線が延びていますが、
那珂川営業所方向からのアクセスがいまひとつ不便な感じがあります。
「47」で直接博多駅へ向かう客を奪われないようにという意図があるのかもしれません。



新幹線の高架と、屋根つきの立派なバスターミナルは連絡通路で結ばれていて、
通路の下を走る道路にも、バスの姿を見ることができます。
春日市のコミュニティバス「やよい」もここを走ります。

北向きのバス停は、春日原からの「2」が停車する「降車場」です。
那珂川ハイツ行きは、ここで降車扱いをしたあと、
ターミナル内へ回り込んで乗客を拾います。

降車もバスターミナル内でおこなうようにすると、
どういうルートでも遠回りになってしまうので、
天神山方面から新幹線に乗り換えたい客が便利なように、
高架沿いのこの道を走るのでしょう。



そのため、道の反対側、新幹線の駅に一番近いバス停も「降車場」
道路の両側とも降車場のバス停って、特殊な構造ですよね。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
井尻六ツ角
井尻六ツ角
何度となく折立
アサヒビール前沖学園
竹下竹下駅
五十川一丁目
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)
 井尻六ツ角 (2017-03-08 16:16)
 何度となく折立 (2017-03-02 19:04)
 アサヒビール前沖学園 (2017-03-01 19:19)
 竹下竹下駅 (2017-02-25 06:06)
 五十川一丁目 (2017-02-24 16:16)

Posted by ちょんびん at 16:20│Comments(0)福岡緑
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。