地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年12月13日

楠橋


2009年の7月に廃止となった、楠橋バス停。
これまでこのブログに6000枚ちかい写真をUPしてきたのですが、
現在あと5000枚くらい未掲載の写真がありまして、
どうしようか途方に暮れています。

来年になったら自由にバスに乗れなくなるから、とりあえず今年は掲載はほどほどに、
乗ることに集中しようという生活を送ってきましたので、
ホリデーアクトパスの継続発売は私の生活設計に大きな影響を与えかねません(嘘)



直方までの「70」が走る、とても趣のある路線でしたが、
晩年は黒崎→香月営業所が日曜早朝に1本走るだけになっていました。



バス停の正面に鳥居がありますが、道路拡張により切り込まれています。



バス停のちょっと茶屋の原側から、木屋瀬方向。



そこから向かって左に分岐していく、茶屋の原方向。
最後のバス路線はこちらから来るものでした。



反対に楠橋バス停方向。



楠橋バス停前



行正方向



木屋瀬方向。

あらためて見返してみると、高規格道路の工事によって、
風景が無味乾燥なものに変えられていっているように感じます。
最後のほうの写真、どれも同じような印象ですね。
撮ってる時はそこまで感じなかったんですけれど。

楠橋上方には知り合いの女の子が住んでいて、
10才下なんですが、とても可愛らしくて印象がよいので、
意味もなく楠橋という土地に愛着を持っている私です。

この日このあと行正から香月センターへバス道路を辿って歩きまして、
「葉川橋」は「まさちゅん」さんに初めて出会った思い出の地でもあります。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 09:15│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。