地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年01月05日

白雲台


高良大社のひとつ下、「白雲台」です。
バス停は下り方向に立ってるんですが、行先表示は「高良大社」のみです。
バス停が常時設置されているということは、バス停とバスを一緒に撮影しないと、
運行期間中に訪問した甲斐がないぞ、と降りるまでは思ってたんですけど、
降りて「寒っ!」と思いつつカメラを構えたら、バスさんはカーブの向こうに消えていってました。
小さくは写ってるんですけど、見えます?



バス停のうしろは「おたずね寺 金龍寺」、その脇には竹林。
あとはこのバス停を降りて行けそうなところがないんですが、
「白雲台」とは風流な名前ですね。このへんの地名なんでしょうか。
「9」の竹の子線と、直線距離ではそう離れていない場所です。

でも特に見るものもないので、大学稲荷まで歩いて下ります。
同じ場所のネタで何日も引っ張るのもどうかと思いますが、
高良大社沿線、1日2本ずつ掲載しますので、
よろしかったら3日ほどお付き合いください。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 18:24│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。