地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年01月29日

上貫


小倉南区の「上貫」。「17」が小倉から1日に数本やってきます。



「弥生ヶ丘営業所」からさほど遠くないので、
上貫に到着したバスがそのまま待機して折り返すダイヤではなく、
営業所との回送運用があり、到着したバスはすぐに去っていきます。
土日にここから出発するバスは、ほぼ2時間おきという律儀なダイヤです。



転回場は必要以上に広く、どこまでが敷地なのかはっきりと線引きをされていない場所です。
待合スペースもあり、バス停のすぐ横に貫山・平尾台への案内看板があります。



北九州にあまり縁のない私は、貫山についても認識が薄いのですが、
イメージキャラクターが設定されているってことは、
小倉南区ではとても親しまれている山なんでしょうね。

バス停からの山への道は集落への生活道路で、
観光客がここを拠点にどれだけ動くのかはピンときません。
あ、でも福岡でも、下原のバス停には立花・三日月への案内がありますね。



バス停正面は、もと庄屋さん?と思わせるような立派な石垣のお宅。
門の脇には「貫仙庵」と表示してありました。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
屋形船車庫
同じカテゴリー(北九州)の記事
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)
 北九州完乗への道 (2018-04-12 23:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。