地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年02月25日

萩尾古墳前・一丁目


坂を登ると有明高専。



そのカドに階段があり、ここが萩尾古墳。



有明高専からの道路つきあたりに商店、そして「萩尾古墳前」バス停と待合スペース。



高専方面バス停の後ろは孟宗竹の林。



古墳前から坂を下ってくると、「萩尾一丁目」バス停。
バス停表記は「萩尾一丁目」なのですが、
隣のバス停表記はどちらも「萩の尾古墳前」「萩の尾」。
どのようなルールで付与されるのか不明な「の」。



右折してやってくる高専行きバス。

今日は最初から最後まで体言止め。


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関交差点と南関迎町
南関で「25」を惜しむ
草村廃止
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)
 草村廃止 (2018-01-07 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(4)大牟田
この記事へのコメント
近所で言えば姪浜もよく分かりませんね。
配布されている路線図では1番の終点の姪浜のみ「姪の浜」、それ以外は「姪浜」という表記です。

姪浜の場合は「姪の浜二丁目」やかつての「姪浜町」など、正式な街区名称も基準があいまいですが、この萩尾の場合、正式には「萩尾町一丁目」と表記するようですね…
Posted by 都市高502 at 2010年02月25日 18:59
「つき当たりの商店」に古墳を見るためのカギがあるはずです。
Posted by G3 at 2010年02月25日 21:52
>都市高502さん
姪浜、たしかによくわかりませんね。
姪浜が「めいはま」だと違和感があるのは地元だからでしょうか。

萩尾は「はぎお」でも違和感がないので、
区別のためには「の」を入れてほしいと感じます。
姪浜は「めいのはま」でないと不自然さが拭えないので、
「の」がなくても「めいはま」と読むことはないと、
個人的にはおもうのですけれど。
Posted by ちょんびん at 2010年02月27日 11:43
>G3さん
「古墳を見るためのカギ」って、RPGみたいでなんかわくわくしますw
古墳の中の宝箱を開けると、熊本への道が開ける、みたいな。

実際は遺跡管理を地元に委託しているところは多いので、
浮羽町役場~原間の古墳とか、見たい人にはカギ貸してくれるシステムは、
それほど珍しいものではないのでしょうね。
Posted by ちょんびん at 2010年02月27日 11:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。