地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年02月15日

通町


大牟田市の「通町」。
ここも福岡市西区も、読み方は「とおりちょう」なんですが、



なぜか三池中町方面バス停の表記は「とおりまち」
なんでこういう間違いが起きるのか、どういう発注と決済が行われているのか、
西鉄という組織がいまひとつピンときません。



店構えのセンスがなぜか私の心を打つ、「モード・シマ」
おそらく服飾の店だと思うんで、私には縁のない場所なんですが。



このあたり、とてもさっぱりとまとまった街だと感じます。


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
荒尾駅前のバス
荒尾駅前
西原
大牟田駅西口
帝京大学福岡キャンパス
石炭産業科学館
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 荒尾駅前のバス (2016-05-23 23:23)
 荒尾駅前 (2016-05-23 19:19)
 西原 (2016-05-21 17:17)
 大牟田駅西口 (2016-05-20 17:17)
 帝京大学福岡キャンパス (2016-05-19 21:08)
 石炭産業科学館 (2016-05-18 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)大牟田
この記事へのコメント
商店街がまとまっているかんじがします。

「とおりちょう」と「とおりまち」の表記の違いの理由はわかりませんが、わたしは「とおりちょう」としか読んだことがありません。
Posted by G3 at 2010年02月15日 22:17
G3さん、こんにちは。

道路が広い所では、両側の回遊性が制限されるのですが、
このあたり、比較的個人商店が賑わっている感じを受けました。
歩道が広くて開放感があるので、
屋根付きアーケードとは違ったよさがあるようです。
Posted by ちょんびん at 2010年02月16日 14:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。