地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年02月19日

下西山


昔は飯塚まで路線がつながっていた、筑紫野市の「下西山」。
隣接の「浦の下」「上西山」とも終着バス停で、
その間に挟まれた唯一のバス停であるにもかかわらず、
埋没せずちゃんと印象に残る場所です。



冷水の有料道路と筑豊本線の線路の向こう側に集落がありますので、
バス停からは立派な橋を渡って住宅へ進むことになります。



筑紫野市の福祉バスは、橋を渡って集落側まで到達します。
ターゲットが年配者なので、行けるところまで近づこうという意図でしょう。
ですので柚須原のように西鉄と福祉バスのバス停が隣接して立っているところは、
車両がそれ以上集落に近づけないということかと。
あ、柚須原は分類上は西鉄ではなく「ちくしのバス」ですね。



朝倉街道や筑紫駅方向のバス停。



このあたり、冷水トンネルを抜けてきたブルートレイン「あかつき」の撮影ポイントでした。
非電化なので遮蔽する電線はないですし、写真で見てもわかるくらいの急坂ですし、
なかなか得難いロケーションだったのでしょう、、、と鉄道撮影に関して門外漢の私は、
あくまで伝聞と推測だけで書いていますが。



浦の下までのバスに乗って、
そのバスが朝倉街道まで行って戻ってくる間に下西山まで歩いて登り、
下西山の写真を撮ってから上西山までひとバス停だけバスに乗ります。
運転士さんからしたら、何がしたいのかわからない客だろう、というのは自覚してます。



しかも逆光で色温度の調節に失敗したので、
いちおう朝倉街道に戻ってから幕だけ撮影
この日は、TGWさんと初めて挨拶を交わした記念日です。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
西鉄自動車学校入校
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 西鉄自動車学校入校 (2017-06-30 16:16)
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)二日市
この記事へのコメント
お久しぶりです。文中リンクありがとうございますm(__)m

なるほど、あの日ですか。ちょうど画像にある線路に、リバイバルが走ったぐらいの時期ですな…。
いや、日付は分かってますけど、明記するのは避けます。

あれから数日後、千代町でお会いしたのも驚きました!

あっ、西山に関すること全く書いてない。すみません。このまま逃げま〜す。
Posted by TGW at 2010年02月19日 07:42
ごぶさたしてます。
次は北九州でお会いしそうなんですけどね
千代町の偶然の重大さが今になって改めて感じられます。

はい、あの日です、って、
私のブログでは、画像URLに全部日付が入ってますw
Posted by ちょんびん at 2010年02月20日 06:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。