地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年02月13日

中央三丁目


八幡駅から国道3号線を経由して、大蔵、七条方面に向かっていた「43」
2009年9月27日に廃止されましたが、最後は日曜夜1本だけの運行でした。
現在バス停はすでに撤去されていますが、屋根は残っています。



反対側も「43」のバス停だったのですが、
3号線経由の「43」が片道だけの運行になってからも、
上重田からの折り返しバスが発着するバス停として使われていました。
線形を考えれば、90番台が発着する南北筋の「中央三丁目」に最初から停まっても、
なんら支障がなさそうだったのですが、免許維持バス停、という意味合いだったのでしょう。

こちらは北側よりすこし遅れて、11月2日に廃止になりました。
といっても路線がなくなったわけではなく、前述の南行きバス停に停まるようになっただけなので、
廃止というよりは、移転統合と言ったほうが正確かもしれません。



09年9月27日は、北九州からたくさんの路線が消えた日です。
「最後に乗って、記憶にとどめておきたい」という気持ちと、
「廃止が決まった路線はすでに在りし日の姿ではないので、騒がず見守りたい」
という気持ちでよく葛藤します。
そこで最終的に乗る/乗らないをどうやって決断しているか、特に明確な基準はありません。



「43」は最終日には乗りませんでしたが、同日廃止の「45」は八幡から砂津まで乗りました。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
西鉄黒崎バスセンター
小倉高校下
高野 西谷変電所の廃止も含めて
高野三丁目
2017年3月25日ダイヤ改正 西谷変電所廃止
芦屋急行鶴松団地関連
同じカテゴリー(北九州)の記事
 西鉄黒崎バスセンター (2017-04-27 00:02)
 小倉高校下 (2017-04-03 06:06)
 高野 西谷変電所の廃止も含めて (2017-04-02 06:06)
 高野三丁目 (2017-03-25 19:19)
 2017年3月25日ダイヤ改正 西谷変電所廃止 (2017-03-24 17:35)
 芦屋急行鶴松団地関連 (2017-03-23 20:30)

Posted by ちょんびん at 15:15│Comments(6)北九州
この記事へのコメント
ちょんびんさま、こんにちは

「中央三丁目」ですが、私は9・27の「43」では最終バスで通過し、
11・2の「56」では上重田からの最終バスで下車しましたので、
両方の最後に立ち会っております。免許維持路線ではイオンを
経由しない73がまだ残っていますね。
9・27は北九州と鳥栖に分かれて多数の路線が改廃されました
ので、スケジュールの組立に苦心しました。午前中に「42東大谷」
「9小文字通」「38曽根新田」に乗車し、福岡で法事に出た後「8小郡
~鳥栖」、再び北九州で「43」に乗車しました。
年度末の廃止関係でもあれこれ思案しておりますが、行程作成が
一番楽しかったりします。
Posted by まさちゅん at 2010年02月15日 09:16
昨年9/27、私は東田温泉と「45」だけ乗ってますので、
ふたり合わせると完乗になるのでしょうかw

北九州に関しては、「最後の日」にあまり拘泥してないです。
年度末の廃止関係も、北九州ではあと「81」に乗りたいので、
土曜日に一度行くとは思いますが、
最終日は遠くからひっそりと想うつもりです。。。が、
急に行きたくなるかもしれませんねぇ。

予定をたてているときが一番楽しいのは同意です。
でも予定通りに動いたことがないのもまた事実です。
Posted by ちょんびん at 2010年02月15日 18:39
そうですねぇ。予定通りにならないのもバスならではですし。
遅れて接続しないことが大半ですが、夜行バスでは逆に早着
して恩恵にあずかったこともあります。

乗換の多い18きっぷの旅行ばかりやっていたせいか、事前に
綿密に計画を立てる癖がしみついてしまってます。。。ですが
事前の計画からわざとそれたり、思い通りにならないのも旅の
醍醐味ですね。

最終日は少なくとも「萩崎町」と「畑観音」には行こうと思ってます。
Posted by まさちゅん at 2010年02月15日 20:55
遅延の可能性があるのでタイトな予定を組めないのもありますが、
適当なところで降りて、ふらっと寄り道しやすいのもバスの魅力かと。

この前の日曜も、畑観音からの帰り、
同行者は石坂で降りて階段を走り、銀杏屋からまた乗ってます。
こんなことでも、失敗したら私も小嶺台で降りて彼を待ち、
行く予定だった本城西団地を次回にして遠賀川へ、とか、
メイン予定とは別に行きたい所の一覧が頭の中でできているので、
刹那的に楽しそうなことがあればそっちに行けるのがよいと思います。

18きっぷではよく博多~京都間を移動していましたが、
あまりルートを外れすぎると目的地まで辿りつけない恐れがあるので、
けっこう寄り道せずにずっと予定通り乗り続けていた記憶があります。
広島から芸備線~姫新線経由で京都まで行ったときなど、
三次や新見・佐用での接続がそれぞれ3分程度しかなく、
ほんとうに車窓以外に何も見ないままの移動でした。

最終日、みなさんがどこを選択されるのか興味がありますが、
自分自身はまだほぼ白紙状態です。
1本だけ選ぶなら、今のところ萩崎町ですね。
新池三丁目、なんてのも天邪鬼でよさそうなんですけどw
Posted by ちょんびん at 2010年02月16日 14:14
こんばんわ。

私が43番沿線に住んでいる事もあって、ガキの頃はよく商店街入口あたりからバスに乗ってました。

当時はどうして43番だけ、わざわざ裏道まで行って乗らないけんのやろ?電車道に統合すれば便利なのに!!

と思っていたら数年後、案の定その通りになりました。

しかし、いざ43番が電車道経由になると、一路線くらい復興通り経由を残しても良かったのにね~!などと考えるようになるわけで、人間とは勝手なものです。

ちなみに復興通りとは上本町の下の分岐点から3号線バイパスに交わる地点までの、もうとっくに死語になった古い呼び名ですが、西鉄の古参運転手たちは、いつまでたっても復興通り経由と案内していました。

死語になった通り名と言えば、三又路~萩崎町~砂津間の道路を70歳以上の人は十三間道路と呼んでいます。

今日は地元の思い出話ばかりになってしまいました♪


43番も以前は10~15分ヘッドで、乗客も現在の22番並みに居たんですが・・・。
Posted by ハンズマン at 2010年04月27日 00:09
桜坂周辺のことを、練塀町と呼ぶ、
77歳の社長の元で働いているちょんびんですw

>いざ43番が電車道経由になると、
一路線くらい復興通り経由を残しても良かったのにね

まさしくその通りです。
常時利用する立場からすると、
目的地までの本数は多い方がいいので、
路線統合をしてもらった方が、一つのバス停で乗れるバスが増えます。
でもそのせいでバスが走らなくなる道路ができると、
そこに寂寥感を感じて、ここにバスが走ってた時代が、、、と
ひとり勝手に惜しんでいるわけです、私。

路線改編の経緯をよく知っているところもいいのですが、
逆にバス停の配置や路線の接続具合から、
路線が変更される前の状況を推測するのも面白いと思います。
Posted by ちょんびん at 2010年04月27日 19:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。