地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年03月19日

溝の上


山鹿方面から玉名にやってきたバスが通る、何もない旧道。



交差点にさしかかって、



山部田から田中橋方面へのバス道路は左折です。
こちらは中央線はないにしても、ちゃんと舗装された道路ですが、



川部田経由の通る道路は、まるで広目の畔道です。



そんな畔道のど真ん中に、「溝の上」バス停。
ここで降りてどこに行くことを想定しているのでしょうか。
まだ山部田と川部田の分岐点あたりで停まったほうが家があります。



なーんもないです。実際に行ってまわりを眺めてみてください。



ところが、山鹿と玉名を結ぶ都市間輸送路線のため、本数はそこそこあり、
ここで上下バスが同時刻に来てすれ違うダイヤもあります。
狙うは日祝日の14時58分です。



山鹿方面からバスがやってきて、



玉名方面からやってきたバスは、それを見てこの溝の上への畔道には入らず、
手前の交差点でひとしきり待機します。入ってしまったらすれ違えません。おそらく。



それを確認して、玉名行きのバスは溝の上バス停を通過し、
対向のバスが待つ交差点へ急いで走ります。



無事、すれ違えました。



そして、山鹿へのバスも、ゆったりと走り去っていきます。
と、この実況記事が書きたいがために、2時間半待ちました。
渋滞するような区間はないので、ほぼ定時にバスはやってきますが、
それでも同じような状況が毎日起こっていると保障はできません。ご注意のほど。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
山鹿バスセンター脇
南関交差点と南関迎町
南関ターミナルと車庫
蔚山町
高森町民バス尾下線記事行方不明
多々野2016冬
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関ターミナルと車庫 (2018-01-09 06:06)
 蔚山町 (2017-11-20 20:20)
 高森町民バス尾下線記事行方不明 (2017-06-28 18:12)
 多々野2016冬 (2017-03-01 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
のんびりしていいですね。。。

数年前に玉名温泉にいきました、
とても嬉しくて忘れられない思い出です
Posted by なかの at 2010年03月19日 11:49
確かにのんびりしていますね。

玉名は九州新幹線の駅ができますので、
温泉街がどういう変化をするのか楽しみです。
Posted by ちょんびん at 2010年03月19日 14:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。