地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年03月17日

室原


熊本県小国町の西端、「室原」バス停です。
渓谷を挟んで西側は大分県日田市中津江村で、対岸の栃原団地にも、
ここ室原のバス停時刻表が掲示されています。



といっても、ここは盆地地形で渓谷は見えません。田園風景です。



待合室は、通学生のために設置されているようで、
産交バスのバス停は別に立っているのに、
スクールバスのバス停は建物に吊るされています。



朝・昼・晩に1本ずつ土日にもバスがあります。
最後に乗ったのは2008年の3月。撮影は昨年2009年の5月。
西鉄は路線整理の嵐が吹き荒れており、
産交や大分のバスなどまで目が届いていないので、
魅力的な路線が知らないうちに消えていっているところもあるのでしょう。



室原バス停には、昔の路線図が残っていました。
この中にも、もう消えてしまったバス停があります。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
百刈
山鹿バスセンター脇
南関交差点と南関迎町
南関ターミナルと車庫
蔚山町
高森町民バス尾下線記事行方不明
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 百刈 (2018-06-11 17:17)
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関ターミナルと車庫 (2018-01-09 06:06)
 蔚山町 (2017-11-20 20:20)
 高森町民バス尾下線記事行方不明 (2017-06-28 18:12)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。