地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年04月10日

甘木営業所


旧甘木市エリアの、旭町交差点。後ろに見えるのが「甘木営業所」です。



けれども、朝倉街道~杷木の本線には、甘木営業所のバス停はなく、
交差点の両側に、「希声館」「裁判所前」というバス停があります。



こっちが希声館方向。
ちなみに西鉄のバス停には、路線図に「奇声館」と書いてあります。
身内から間違っちゃ駄目だろうという例なのか、
それとも、間違いやすい名前を敢えて付ける前に考えろという例なのか。
私にとっては、新宮町コミュニティバスの「山らいず線」ってのも、
ボーダーぎりぎりだと思います。絶対「いらず」って読むほうが多数派かと。



甘木営業所のバス停は、営業所の構内。
市役所などにも近いところですので、始発から乗るメリットはありそうですが、
二日市方向に行く場合、運賃としては「甘木」より高くなります。



構内風景。



いまはもう見られなくなった、幕の「400」。
当記事の写真は、すべて昨年7月のものです。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
平野ハイツ商店街前
須玖小学校前
春日南中学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)
 平野ハイツ商店街前 (2017-02-05 07:10)
 須玖小学校前 (2017-02-03 22:50)
 春日南中学校前 (2017-01-08 21:33)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)二日市
この記事へのコメント
こんばんは。

この付近、おしごとでよく来ます。インター降りて、T字を右折→すぐ左折、のところですよね。あ、でもおしごとなので営業所を見ながら通過していますが。
山らいず線を「山いらず線」と読んだ一人です(笑)。
Posted by Kassy at 2010年04月11日 00:27
Kassyさん、こんにちは。

おしごと、本当に広範囲へ移動されてますね。
運転お気をつけください。
昔の私も、鳥取から鹿児島まで営業エリアって時代がありましたがw

コメントいただいて、あらためて地図を確認したら、
甘木インターから確かにT字を右折→すぐ左折です。
私は長らく、自家用車で甘木インターを降りたことがなく、
当初頭の中で想像したときは、インターから昭和通が直進で繋がってました。

インターから出ると、右にダイハツ。
その後も道路の両側は車の販売店が並んでいて、
左に西鉄の甘木駅を見ながら、交差点を。。。。
私は自分で運転するときは、この交差点を左に曲がって、
甘鉄の駅前を右折することしかないので、勘違いしてました。

と、妙なところに反応してすいません。
Posted by ちょんびん at 2010年04月11日 06:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。