地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年03月18日

新原


「新原」。須恵町。



「36」と空港ローカルの「3」が通ります。



天神からやってくると、壁沿いのバス停で降りて、



反対側にバス停はないのですが、路側に斜線がひいてあるので、
わかっていてもここでバスを待ちたくなるのです、私。



新原神社があって、



宇美方面、バスが走り去ったを眺めつつ、



天神側に戻っていき、



振り返っても、降りたバス停が見えなくなって、



左側に新興住宅街の風景が広がりだしたら、
やっとそこに反対側バス停があります。
上りと下りが離れているバス停、私が知る限りではかなり上位クラスです。
笹原とか、北野役場前とかのことは、なくなってしまった「渕の上」でまとめましたので、
そちらもご参照いただけると幸甚に存じます。

でも上記3か所とも、交差点があって道を曲がるために、
上下バス停が違う向きの道の上にあって距離ができており、
新原のように1本の道路上に上下線ともあるのに離れているのは珍しいです、
って、なんでこんなにこだわって熱くなれるのか自分でも謎です。



住宅の前に、待合所のような屋根ができています。
この撮影は昨年の11月なので、今はもうバス停が移設されているかもしれません。



ここから日中「36」に乗ると、ルクルに寄ったり、仲原を通ったり、
いろいろな風景がめまぐるしく変わりながら、かなり長い時間をかけて、
天神までバスを堪能できます。私はよく眠りにおちますが。


同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
西鉄バス停コラボチョコを語る#5 福岡茶エリア
柏陵高校前
宮崎
土井団地
原土井病院
八田踏切
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 西鉄バス停コラボチョコを語る#5 福岡茶エリア (2017-03-22 19:19)
 柏陵高校前 (2017-03-11 16:16)
 宮崎 (2017-01-31 17:50)
 土井団地 (2016-11-30 21:17)
 原土井病院 (2016-11-18 20:16)
 八田踏切 (2016-11-01 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。