地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年04月05日

野伏間


久留米市の「野伏間」。
南北に「50」が走り。東西に少しだけ「55」が走り、
ちょっと「51」や「52」が変則的に走る、交差点のバス停です。

ここから東は、上津荒木を抜けて御井町を通り、
久留米インター方向へ道路が整備されている途中です。
上津荒木までは片側2車線の高規格道路が完成していますが、
貫いて接続するバス路線はありません。




ここから西に行くと、荒木駅に繋がっています。
バス停には、上荒木まで行っていた、「横小路」が残っています。
逆に、現在「51」は津福今町を終点としていますが、
まだ循環路線のものしか掲載されていません。




「50」南行きのバス停にも、筑後赤坂が残っています。
でも大牟田までの路線があったのも、つい最近までという印象なんですが、
沿線に「50」大牟田の記載があるところ、見つけられていません。

昔の名残が残っているということは、路線が変遷を経て安定していないということでもあり、
新しく更新されることなく放置されているという見方もできるので、
あまり喜ばしいことでもないのですが、見つけるとなんか嬉しくなります。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 06:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。