地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年12月05日

山王


「山王」は福岡都市圏の東端といったイメージです。
朝、ホリデーアクトパスで筑豊に行こうとすると、
博多駅から田川急行に乗ることになるのですが、
・朝一の「31」→長者原で乗り換え
・朝一の「31」→日の浦口で「無番」→山王で乗り換え
なんてことも可能なため、たまにここに来るのはだいたい朝です。

高速無料化実験のために、八木山バイパスは混雑してるそうですが、
最近は飯塚や田川もごぶさたしています。
すでに九州運輸局の公示で推測することもできますが、
来年3月には、また廃止路線が発表されるんでしょうか。
そうなってから乗りに行くのは寂しいので、
年が明けたらまたここを頻繁に通ることになりそうです。



ここから、八木山越えが本格的に登り始める、というイメージの場所です。
八木山バイパスが分岐するのもこの近くです。



拡張された国道から別れて、
篠栗の終点地である「日の浦口」は、福岡側の県道にあります。
そうやって両側で分岐が行われる位置関係の中、
ここ山王の場所だけは必ず通る要衝になっています。
そのわりに渋滞のイメージがないのは、遮るものもまた無いからでしょう。



バスも、八木山越えは、のんびりとやってくるように見えます。
八木山バイパスと分かれたあと、筑前山手駅の手前くらいでは、
週末よく南蔵院の参詣客渋滞につかまるんですけど。



電車は高いところを走ってます。


同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
米一丸 主君一条殿の横恋慕
大和町 やまとちょうではなくやまとまち
坂本町から歩いて南下
月見町 時を止めて
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)
 米一丸 主君一条殿の横恋慕 (2017-05-11 06:06)
 大和町 やまとちょうではなくやまとまち (2017-05-10 06:06)
 坂本町から歩いて南下 (2017-05-09 06:06)
 月見町 時を止めて (2017-05-08 20:11)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。