地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年04月09日

勘六橋


直方市の、遠賀川に架かる「勘六橋」です。



橋から川沿いに南に向かう「20」は、3/31をもって廃止となりました。
現在は、左に曲がって端を渡る「特急」「7」と右に曲がる「10」が残っています。
それから、JRバスの宮田方面も右に曲がります。



宮田方向は、道路の拡張でしょうか、工事中です。



勘六橋のバス停は、橋から北に少し進んだところ。



なんか、いろいろと貼られて修正されているのが痛々しいですが、
「次は」のバス停に4つも掲載されているように、曲がりなりにも交通の要衝です。
「20」の廃止に伴い、直方裁判所にはもうバスは行きませんが。



JR九州のバス停も、隣に立っています。



直方市街へのバス停は、さらにすこし北側にあります。
その先の交差点で、河畔の道と別れて左斜めに進み、
直方の市役所から直方駅前へと向かいます。



バス停は川べりに立っていて、
すぐ近くの歩道橋に上ると、バスの白と河川敷の緑の対比が鮮やかでした。
廃止直前の「20飯塚」がバス停を通り過ぎていくのを撮影しましたが、
このバスには、umi37さん、TGWさん、あげ周防さんが乗られていたようです。



飯塚行きのバスを見送って、



振り返るとJRバスと飯塚特急が続けてやってきました。



そして勘六橋の交差点で、橋を渡ってきた「7直方」と出会い、
3車線すべてにバスが並ぶ光景が見られました。
あまり来ることのない場所なので、珍しいのかどうかはわかりません。
ダイヤどおりに走ると、比較的よく見られるのかも。

日祝日に、博多駅から朝イチの田川急行に乗ると、
扇橋の交差点で必ず、博多行き「かいおう」に出会うんですよね。
最初は「おおっ!」と思ったのですが、
ここ1年で5回以上見たので、有難みは完全になくなりました(爆)
バス・列車とも定時に走っている証拠として素晴らしいと思います。



勘六橋を走る特急バスも、廃止検討になっているので、
また乗ってすこしでも存続に貢献したいものです。


同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
道の駅いとだ集合
足白車庫
カントリーエレベーター
大力
真岡団地
採銅所
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 道の駅いとだ集合 (2017-03-13 19:59)
 足白車庫 (2017-01-20 18:18)
 カントリーエレベーター (2017-01-19 21:37)
 大力 (2017-01-13 20:57)
 真岡団地 (2016-10-27 06:06)
 採銅所 (2016-10-26 06:06)

Posted by ちょんびん at 16:49│Comments(6)筑豊
この記事へのコメント
ちょんびんさん、こんばんわ。

>曲がりなりにも交通の要衝です。

この表現こそ、このブログを読む者としての真骨頂です。

そこの部分だけ、何回も読み返したくなるくらい、共感する表現です。

本当に“曲がりなりにも”、ですよね、ここ♪

間違いなく堂々とした交通の要衝じゃありませんので。

いつも空論漫語なコメントばかりですみません♪
Posted by ハンズマン at 2010年04月09日 23:57
ハンズマンさん、こんばんは。

ここ、かなり曲がってますよ。
直方から放射線状に目的地があって、
地形的な関係上ここまでは便宜的に路線が共通なだけで、
ここを通過する絶対的な必要性が存在しないのに、
偶然いくつかの方向にバスが行き来しているということで。

ちなみに、ここと同じ立地条件で、
規模だけ大きくなったものが、基山PAになりますw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年04月10日 00:08
基山の場合、大分~基山~佐世保みたいな乗り継ぎを必死にアピールして、“曲がっていない”交通の要衝にクローズアップさせるべく、頑張ってますけど、依然としてただの分岐点というイメージを払拭できないでいるようですね♪


勘六橋の場合、川島甘木~勘六橋~勝負尻口みたいな乗り継ぎ需要などほとんど皆無でしょうし、交通の要衝としてクローズアップさせることすら出来なさそうな感じです。
Posted by ハンズマン at 2010年04月10日 10:59
高速バスの場合、席がいっぱいだと乗れないことがあり、
じゃあ予約しても繁忙期には渋滞で時間通りに到着せず、
乗り継げないことがあり、そのわりに基山は代替交通機関まで遠く、
と二の足を踏む要素がたくさんあるように感じます、私。

基山PAにしても、勘六橋にしても、
道路の繋がりとしては間違いなく重要地点であり、賑わいがあるのに、
そういう街としての発展具合と、バスの連接拠点としての発展度が、
必ずしも一致しないのが面白くもあり、難しくもあります。
Posted by ちょんびん at 2010年04月10日 14:12
こんばんわ。

直方ネタに弱い、私です 笑
幼少の頃は、勘六橋からはこう言う行先があった気がしま
高速 頴田経由飯塚
急行、20番 小竹、幸袋経由飯(新飯塚駅)塚
急行 小竹、飯塚、八木山経由福(天神)岡
21番 新多
51番 武谷経由飯塚
55番 金田駅、後藤寺
50番?金川農協、伊田駅経由後藤寺

急行 黒崎、到津遊園経由小倉(砂津)
急行 直方

JRバスは養護学校とか、内が磯は頻繁に走ってて、かなり早い時期にデジタル運賃表が入ってましたね。
西鉄とは違う丸文字のギザギザフォントの整理券二番が欲しくて、溝堀二丁目から三丁目まで乗ったり、とか。笑

地方都市の路線バスの衰退はあまりに早すぎ、あまりにひどくきましたね。
筑豊三都の都市間路線バスすら維持できないのは信じられません。

いろいろ、写真や路線図取ってたらよかったな、と回顧しながら後悔しています。
Posted by 八幡2614 at 2014年01月22日 18:39
お返事遅くなりました。21番の新多が懐かしいです。

筑豊地区の都市間輸送バスに関しては、
JRとへいちくの頻繁運行が大きな転換点になりましたね。
後藤寺の「22」「23」循環なんかも、
糸田線が1日数本だった頃は、輝いて見えました(笑)。

>写真や路線図取ってたらよかったな
私も同じように思います。
でもバス乗りも撮りも、昔はもっと金のかかる趣味だったですよね。

各地で乗り放題きっぷの類いが発売され、
デジカメとパソコンが普及して、
やっと気軽に乗りまわしができようになりましたので、
路線の衰退はともかく、よい時代になったのかもしれません。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2014年01月26日 09:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。