地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年04月29日

栄町口


大分坑線、最後の一般降車客があった、「栄町口」です。

大分坑を発車する最終バスが飯塚に到着するわずか数分前に、
飯塚発の大分坑行きが発車してしまうという、絶妙の「非」折り返しダイヤだったので、
私は大分坑から最終に乗って、廃止区間の端である桂川駅で降り、
また桂川駅から大分坑行きの最終に乗りました。

そのため、ほかの乗客がどこから乗られたのかはわからないのですが、
老夫婦と思しき男女が、栄町口で降りていかれました。



栄町「口」であるように、集落までは少し離れています。
坂の先に街が見えます。



大分坑側から来ると、筑穂中学校への道は切り通しになっていて、
こちらも坂をのぼります。



大分坑側には、ただ道路だけが延びています。
けれども次の元吉は近く、カーブの先にバス停が見えています。

飯塚の中心部に出たい方、今はどうやって移動されてるんでしょうか。


同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
緑ヶ丘 新宮ではなく嘉麻
小舟の切り通し
稲築才田2017
大橋 西鉄駅ではなく上山田
銭代坊の春2017 桜並木
桜の季節に大坪団地 星の原団地ではありません
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 緑ヶ丘 新宮ではなく嘉麻 (2017-05-19 06:06)
 小舟の切り通し (2017-05-18 06:06)
 稲築才田2017 (2017-05-17 06:06)
 大橋 西鉄駅ではなく上山田 (2017-05-10 16:16)
 銭代坊の春2017 桜並木 (2017-05-04 06:06)
 桜の季節に大坪団地 星の原団地ではありません (2017-05-03 06:06)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)筑豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。