地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月04日

京町


越山もちの看板が、いかにも柳川。こっさんもち、おいしいです。



大川から佐賀への路線は、北へ。



お花から早津江への路線は、南へ。



そんな交差点。



城下町時代からの歴史を感じさせる、道標。



柳川は、福岡南部の代表的観光地です。



柳川駅方向に、「京町」バス停。
西鉄だけでなく、堀川バスも走っています、
路線図には、両開や船小屋など、現存しないものも多数。

そういう経緯から、筑後船小屋駅~柳川も、
西鉄ではなく堀川バスが受託するのかな、と思っていましたが、
新路線の3自治体内に、営業所がないのが影響しましたかね。
「50」の船小屋から柳川駅を繋ぐ形で、西鉄が走るそうです。
どうせなら、お花まで走ればいいのに。

筑後船小屋駅~西鉄柳川駅~川下り~沖端という観光の流れだから、
白秋生家のそばまで、バスは必要ないんですかね。



散歩して楽しい街だと思うんですよね、柳川。



そういう意味では、お花~柳川駅は散策しながら歩いてもらって、
その回遊途中で商店街を冷やかしてもらえるようなコースがいいんでしょうか。
バスの発展には繋がらないですけど。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。