地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年05月13日

小竹役場


小竹役場のバス停には、最後まで、
直方から来たバスが、新多方向に曲がっていた名残。



役場の前にバス停がありました。



飯塚方、



「21」毛勝も残ったまま。



道路がなくなるわけではなく、いつでも車で走れますし、
バスだっていつでも戻ってこられそうな、普通の街並みです。

「20」は廃止になりましたが、「1」は毛勝から飯塚まで健在なわけで、
周辺集落から中心部への路線はまだ存続する余地があるのです。
結局のところ、飯塚~直方のような「鉄道が並行している、中堅都市の2点間輸送」が、
一般路線バスのもっとも需要のない、採算の合わない形態だということでしょう。

しかもこの「20」の場合は、今回廃止区間、、
ほぼ田園しかない遠賀川の河畔を走るわけですので、
途中需要が橋の反対側にしかないのは、つらいところでした。
こういうこと、まだ御徳橋も鴻の巣橋も載せてないのに書いてしまうと、
ネタがなくなりそうな気もします。


同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
宮若の谷
倉久春日神社循環
宮田の橋
磯光=水町間の狭隘路往復
水町バス停 国鉄宮田線廃止代替
コンビニから河川敷
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 宮若の谷 (2017-06-26 16:16)
 倉久春日神社循環 (2017-06-25 16:16)
 宮田の橋 (2017-06-24 16:16)
 磯光=水町間の狭隘路往復 (2017-06-23 18:00)
 水町バス停 国鉄宮田線廃止代替 (2017-06-21 16:16)
 コンビニから河川敷 (2017-06-20 19:19)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)筑豊
この記事へのコメント
そういえば直方の路線図にも21番新多線が残ってましたがやはりごっそりとなくなっていくのはさびしいものですね。。

昨日、毛勝、若松、こものに行ってまいりましたが毛勝線の運転手さんの話では来年に飯塚小倉線や方城線の廃止を匂わせることを言っておられました。。

果たして来年には寒い風が筑豊を襲うかもしれませんね。。
Posted by ちくしの疾風 at 2010年12月27日 16:37
まぁ、九州運輸曲に申請されている通りでに施行されるのであれば、
それは激動と呼べるのかもしれませんね。

正当な利用者でない私は、
ただ記憶に留めるよう、努力するだけのことです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年12月27日 21:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。