地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年09月20日

希声館前


甘木の「希声館前」。甘木営業所と甘木の間です。
自社内で作っているはずの路線図案内に、
「奇声」って間違えちゃ駄目だろうという話です。

博多から杷木方向に行く場合、
終点の甘木営業所では杷木行きに乗り換えられないので、
どこで乗り換えるかよく考えます。
いちばん多いのは依井東で、マルキョウが近いからなんですが、
どこで降りるかも決まらず乗り続けていると、ここで乗り換えることになります。



甘木観光のバス停もあります。
西鉄と堀川のバス停は、少し重なって並立しても、「寄り添っている」印象なのですが、
西鉄の廃止路線を引き継ぎ、甘木のバスセンター跡地にも入らず、
甘木中央と別バス停を名乗っている甘観と西鉄の場合、
「隠している」ように感じてしまいます。



で、希声館というのは甘木朝倉市町村会館という、
聞いても何の施設なのかよくわからないものなのですが、
別称をつけてバス停名称にしたことで、
まったく縁のない私が名前を認知し、こうやって記事にしているわけなので、
バス停の広告効果ってのはそういうもんだなぁ、とひとり納得しています。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
西鉄自動車学校入校
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 西鉄自動車学校入校 (2017-06-30 16:16)
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。