地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年12月01日

荒江


原や小笹など、○丁目などが付かないバス停は格が高い気がすると、
何度も書いておりますが、原や小笹のもうひとつのポイントは、
路線が交差するところに位置している、という点も大きいと思います。

荒江の場合、縦軸と横軸が交わるバス停は荒江四角であり、
ひとつ北に荒江があって、南北軸のバス、ほぼ「3」のみが停車する分、
主要バス停っぽさが多少薄れている気がします。

すこし北には別府~弥生を結ぶ昭代線も走っていて、
荒江と昭代一丁目は十分に徒歩乗り換え圏内ですが、
あまり相互乗り換えの場所として私は意識していません。
飯倉から姪浜に行く場合、ここで「3」→「7」の乗換が実は早かったりして。



私は土日、よく「502」に原→天神間乗るのですが、
原ですでに乗車している方が、頻繁に室見三丁目~愛宕一丁目間で降ります。
原往還~愛宕一丁目は初乗りの160円で乗れるので、
距離的には非常にお得感のある区間だと思います。

でも姪浜に行くのには、藤崎か壱岐農協で乗り換えるイメージです。
バスで行くなら、「1」の本数は昔に比べて減っているので、
実は弥生二丁目や室見三丁目乗換でもさほど遜色ないのかもしれませんが、
そのへんは昔からのイメージというか習慣というか。

もっと昔から荒江界隈に暮らしている人にとっては、
六本松方面に行くなら昭代か曙二丁目を使い、
西新、天神方面に行くなら「3」に乗るというような、
使い分けが当然、という方もおられるんでしょうか。
脇山口が慢性的に渋滞しなければ、バス路線としてこの辺、
とても便利な、いろんな方向に行ける場所のような気がしてきました。

自分が住んでいる原からだと、さほど遠くないのに、
昔の「91」や「7」もなく、うちから飯倉二丁目までもちょっと遠いので、
直通で荒江まで行くのは面倒さがあって、
なんか不便な場所のような先入観がありましたが。



もと防塁前から郵便局の脇を入ったところにあった、
10円饅頭と100円タコヤキの店が、ここに移転してきてます。
饅頭のほうは、すでにやってないみたいです、採算が合わんのでしょう。



福岡工業の北側の道。バス通りでもないのに、けっこう広いです。
ここらへん聾学校やら社宅やら、塀の高いところが多いせいか、
私が中学生の頃は、よく痴漢が出てまして、
女の子一人で通ってはいけない、てなことを学校の集会でよく言われてました。
でもそのわりに、治安が悪いというイメージもなく、
どちらかというと落ち着いた住宅地の感じなんですよね。

最近散歩でよくこのあたりまで歩いてきますが、
ここから原中学校まで毎日通うのは遠かっただろうなぁ、としみじみ。
今は原中央中学校ってのができてますが、それでも結構遠いような。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
九大ビッグオレンジ前2017
九大理学部前
野方遺跡前 通らなくなる「506」「526」に注目
外環2運行開始と初乗車
「507」生の松原団地方面の路線短縮
2017年3月25日ダイヤ改正 飯倉にて複乗廃止三兄弟
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 九大ビッグオレンジ前2017 (2017-05-16 06:06)
 九大理学部前 (2017-05-14 06:06)
 野方遺跡前 通らなくなる「506」「526」に注目 (2017-04-16 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 「507」生の松原団地方面の路線短縮 (2017-04-11 06:06)
 2017年3月25日ダイヤ改正 飯倉にて複乗廃止三兄弟 (2017-03-16 17:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。