地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年12月23日

塩浜口


大石下から、まっすぐな道を海側に歩いて、



植え込みの美しい交差点。



海はすぐそばなんですが、
地形的に海岸線の側に高台があり、その奥に平地があるので、
海水浴場の看板はあれど海は見えません。



神湊の方へ進む道、橋を渡ります。



「塩浜口」です。
名前が表しているように、この一帯、もとは塩田があった場所です。
塩浜あたりは典型的な干拓地系だよなぁ、と思っていましたが、
最近行動範囲を広げてみると、熊本の小川や鏡、嘉島あたりも、
ここは新しく出来た土地なんだろうなあ、と想像できる場所が多く、面白いです。

そういえば糸島の初~加布羅も、作出という地名もあるくらいで、
もとは海だったものを耕地にしているわけですから、
意識してみれば、どこかしこ昔の人の土地への情熱が感じられます。
志摩町というくらいで、もとは前原地域とは海で隔たれた島だったのでしょうし、
初も「波津」に通じる名前ですから、周船寺などと同じく、
もとは海際地形からきた名前だろうと思います。
福岡市内だって、草香江や荒江、片江まで海が入り込んでいたからこそ、
「江」の字があてられているのですし。

100年後の人が見たら、百道浜や那の津、どのような思いを抱くのでしょうか。

という記事を、いつ書いたのかは定かではないのですが、
なぜか投稿しないまま2年以上放置していたようです。
どうして下書きのままになっていたのか、それすら判明しませんが、
今回の大掃除によって、やっと陽の目を見ます。



同じカテゴリー(宗像)の記事画像
赤間営業所構内進入
東郷駅東口
大島ターミナルとグランシマール時刻表
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
同じカテゴリー(宗像)の記事
 赤間営業所構内進入 (2017-06-27 16:16)
 東郷駅東口 (2017-06-05 18:47)
 大島ターミナルとグランシマール時刻表 (2017-06-02 18:28)
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。