地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年09月13日

塩浜


「塩浜」です。その名の通り、もとは製塩がおこなわれてた浜でした。
海側に砂州が古くからあり、それが潮止めの役割を果たして湾を形成していたようです。



現在は、それを想起させるような地形や遺物は何も見つかりません。
ただ道の両側に立ち並ぶ家は立派なものも多く、
もとは宿場町だったのかなと思わせるような佇まいが続きます。



バス路線が苦戦しているのはいずこも同じのようで、
福津のミニバスが、近距離の移動需要を補完しています。



神湊側に進んでいくと、水路の先に海が見える場所があり、
ここが海の近くであることが、やっと感じられます。
地名って、意識してみると新しい発見がありそうだなぁ、という萌芽を感じながらも、
まだ幹をつかまえるほどに真剣に注目できずにいます。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
城山峠
赤鳥居
海老津台入口
吉木
波津2018
戸井手
同じカテゴリー(宗像)の記事
 城山峠 (2018-10-09 17:17)
 赤鳥居 (2018-10-08 17:17)
 海老津台入口 (2018-10-07 17:17)
 吉木 (2018-10-06 17:17)
 波津2018 (2018-10-05 17:17)
 戸井手 (2018-06-20 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。