地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年05月13日

中川内


納又から古賀を経由して、下ってきたバスが、



飯塚経由は、上りの脇道の方を選びます。
「えっ!こっち?!」というのが、新路線を乗るときの醍醐味です。



すぐにかなりの高低差がついて、森の中へバスは消えていきます。




そして到着するのが、稜線のてっぺん、「中川内」バス停です。



このバス停のすぐ先で、



道路が分岐しており、


中川内バス停が最寄となる集落は、バス停真下の坂を下ります。



まっすぐの道の先には、茶畑が広がっています。



バス路線はヘアピンカーブを右に曲がり、下っていきます。



途中、稜線がすこし遠くに見えるあたりまで来ると、



基準点があったりして、



下に続く道が左右に蛇行しているのも見えます。



真ん中に高台があって、その左下に飯塚、右下に公民館前。
この先もバス路線が大きく曲がることが視覚でわかって、ものすごく楽しい眺めです。
もう少し本数があれば、ここで滞在して、
道路に沿って走るバスを眺めたら幸せになれるだろうと思う景色です。


同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
柴庵2016
日向神
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)
 柴庵2016 (2016-05-11 07:07)
 日向神 (2016-05-10 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)堀川バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。