地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年10月01日

草の入江


交差点に郵便局があって、カーブミラーには「バス停あり子ども注意」の標記。



バス停っていうのは、交差点の上にある、スクールバスのことでしょうか。



公園の入口脇に倉庫のような建物がありますが、これは待合室の跡のようで、



奥には、ここが日田バスの「草の入江」バス停だった時代の、
フリーバスの説明看板が掲げられています。
カーブミラーの標記が指しているのが、このバス停のことだとするには、
標記の看板が新しすぎるように感じますが。

周囲にはたくさんの住宅があり、スクールバスが走るくらいに子どももいて、
でもここはバス路線が廃止されて久しいです。
バス路線が残るかどうかというのは、地理的環境や行政の施策や、
いろいろな要素があって、周辺人口の多寡とは比例しません。
今回廃止となった産交の坂本や泉のエリア、
10年後くらいにどうなっているでしょうか、なんてことを考えます。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
くじゅう登山口
飯田小学校前から千町無田循環
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)
 くじゅう登山口 (2016-10-19 17:17)
 飯田小学校前から千町無田循環 (2016-10-18 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。