地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年02月20日

千早駅前


もとは何もなかったところに、突然大きな町ができた感じの、「千早駅」周辺。



都心方向と郊外方向が錯綜する途中で、
両方向のバスがロータリーに一括で入ってくると、
こういうややこしい隣接表示になります。



私にとっては、あまり乗り換えに便利、という印象のない場所ですが、
いろんなところに行けることになってます。



この3月、照葉までの路線は、どうなるんでしょう。


同じカテゴリー(福岡黄)の記事画像
八田南
八田北、八田踏切の傍
みどりが丘団地入口 名子
福工大前駅入口から高校ラグビー
かしいかえん南口路線新設
リサイクルプラザ前
同じカテゴリー(福岡黄)の記事
 八田南 (2017-07-09 16:16)
 八田北、八田踏切の傍 (2017-07-07 16:16)
 みどりが丘団地入口 名子 (2017-06-21 06:06)
 福工大前駅入口から高校ラグビー (2017-06-19 06:06)
 かしいかえん南口路線新設 (2017-04-12 22:14)
 リサイクルプラザ前 (2017-04-11 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡黄
この記事へのコメント
こんにちは。

千早駅には,香椎副都心の「整備の目玉」という印象が個人的にあります。
バスとJRや西鉄電車との接続という意味では,西新や藤崎(地下鉄との接続)に似たところがあると思います。
ただ,天神からの「バス感覚」(バス移動の場合の時間や距離)では,原や荒江四角に近いかもしれません。
Posted by 原住民 at 2011年02月20日 16:35
こんにちは。

「整備の目玉」、なるほど、です。
宅地開発を行うにあたって、都心への窓口も新しく設けて、
しかもJRと西鉄も接続するという、大掛かりなものですね。

バス感覚でいうと、確かに千早と原は似たようなものだと思いますが、
天神までの運賃をみると、千早や香椎って遠いんだな、って感じます。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年02月20日 17:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。