地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年05月11日

広平終点

数多くのリクエストをいただいておりました祐徳の、初記事です。


道路の中央線も、路側もここで途切れ、



集落手前は工事中です。
じきにこの先まで道が広がることもあるのでしょうか。
広い道は、どこにつながるのでしょうか。



石垣の見事な棚田のある風景に、



「広平終点」です。
なぜだか経緯は知りませんが、「終点」が付いています。
かなり手前からこのあたりの地名は広平で、
その中でもどんづまりだからでしょうか。

でも周囲は、平たいところは少なくて、決して広くもない地形です。



バス停は、ごみ集積場前に立って、、、いるのではなく、
囲いに結び付けられていました。

平日朝晩2往復だけですが、
回送せず朝も夕方も往復してくれるので、
バスでどうにか来ることもできる場所です。


同じカテゴリー(祐徳バス)の記事画像
中牟田
新篭2016 クリーク脇の終点
常広 祐徳バス新篭線の途中
東吉田
田代
鮒越入口
同じカテゴリー(祐徳バス)の記事
 中牟田 (2017-12-12 06:06)
 新篭2016 クリーク脇の終点 (2017-04-20 06:06)
 常広 祐徳バス新篭線の途中 (2017-04-19 06:06)
 東吉田 (2017-02-15 19:00)
 田代 (2017-02-14 19:19)
 鮒越入口 (2017-02-13 18:22)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(6)祐徳バス
この記事へのコメント
困ったなあ、こりゃ行かなきゃですね。
長年の嗅覚で凄そうとは思ってたんですけど。

祐徳は新篭に行ったことがありますが、あれもなかなか凄いです。
Posted by じま at 2010年05月11日 12:42
広平「終点」ってところが、とてもよいです。

ただ、赤石小学校や納又を見てすぐだったもので、
「普通やん」と価値観が歪んでしまってます。
途中、山下を過ぎて、大野との分岐あたりが、
とてもよいですよ。

ここで写真撮りてぇ、って場所がありました。
でも、乗るのと撮るの両立させようとしたら、
まる1日鹿島に貼りついてないといけないですけど。
Posted by ちょんびん at 2010年05月11日 18:18
ちょんびんさん、こんにちは。
祐徳では、じまさん推奨の「新篭」と「矢答」がオススメです。
新篭は海沿いの堤防に向かって路線が延びており、1日1往復ですが
終点からおばちゃんが数名乗ってきます。
矢答は終点の風景は普通なのですが、そこに至るまでの道が凄い
です。狭隘な道を抜けた後の高台からの眺めが好きです。
是非バスでご訪問下さい。
Posted by まさちゅん at 2010年05月11日 19:12
まさちゅんさん、こんばんは。
新篭も矢答も、広平も大野も長野も柿原も、
みんな土曜日に便があるので、バスで行きたいと思います。
でも熊本の一日乗車券も安くなりましたし、
佐世保市営の一日乗車券も土日全線フリーに拡大ですし、
と、行きたいところが多すぎて、今困っておりますw

もちろん、西鉄のエリアもおろそかにはしたくないですし、
といいつつ、北九州の新路線、乗ってないですけど。

鹿島は駅前の駐車場が安いので、
朝早く車で行って、1日停めっ放しがよさそうなのですが、
広平まで往復すると2分差で新篭に乗れないという、
朝一番からやる気を殺ぐダイヤなんですよねw
誰が乗り換えるねん、という現実はさておき。
Posted by ちょんびん at 2010年05月11日 23:32
この秋のダイヤ改正で、祐徳の鹿島市内が再編されるようです

祐徳バス10月1日改正

広平行き、柿原行き(尾崎までは存続)、新籠行き廃止(予約制乗り合いタクシーに)
廃止区間、中川内分校~広平、尾崎~柿原、新籠入口~新籠

矢答行き、長野行き 減便の上で、月曜・水曜・金曜日のみ運行に

大野行き 1便減便

太良県界行き ララベル経由新設
Posted by ちゃんちゅん at 2017年09月09日 00:23
情報ありがとうございます。
ああ祐徳も再編が行われるのですか。
新篭と広平と柿原、すこしずつ末端が削られていきますね。

来週は産交をいくつか撮り残しに行くのですが、
広平も候補に入れないといけないですね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年09月10日 20:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。